オリーブやそうめんなどで知られる瀬戸内海に浮かぶ離島、小豆島(香川県)。近年は3年に1度開催される瀬戸内国際芸術祭のメーン会場の1つとして多くの来場者を集め、イメージも向上してきている。人口減に苦しむのはほかの離島と変わりはないが、小豆島は移住が多い島としても注目を集めている。島を構成する小豆島町、土庄町の2町にはそれぞれ、2017年度、18年度と続けて100世帯前後が移住をしてきている。今回は、「道の駅 小豆島オリーブ公園」を中心にオリーブ産業の体験観光化にも積極的に取り組む小豆島町にスポットを当て、移住者対策をリポートする。

瀬戸芸のアートの島に若者たちがやって来る

 県内でも人口減少率の高かった小豆島2町の小豆島町と土庄町を移住促進のモデルにしようという県の施策もあり、小豆島は2006年から移住促進に力を入れ始めた。空き家バンクや就労支援、子育て支援などを町が推進していった。それに加え、2010年から始まった瀬戸内国際芸術祭(瀬戸芸)の会場の1つになったことや、オリーブの島というプラスイメージも全国的に浸透していったことも、移住促進の後押しとなっている。

 こうしたこともあり、小豆島町は移住先として選ばれるようになってきた。小豆島町の人口は1万6000人ほど。高齢者が多いことなどから人口は減っているが、2014年以降100世帯前後の移住者がやって来ている。

町長の松本篤氏。2町合併、オリーブ植栽100周年記念事業などの責任者、オリーブ課設立など、自治体職員として重責を果たし、2018年町長に就任(写真:日経BP総研)
[画像のクリックで拡大表示]
小豆島は県庁所在地の高松から高速艇で30分の距離。西側の土庄町と東側の小豆島町の2町で構成する(資料:小豆島町商工観光課)
[画像のクリックで拡大表示]
小豆島町への移住者推移(資料提供:小豆島町)
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
左は今年の瀬戸芸に出品されたジョルジュ・ルース作品(小豆島町・醤の郷周辺)。古民家に金箔で幾何学的な模様を施し、正面からみたときだけ金色の円形が浮かび上がる。右写真は「瀬戸芸の会期が終わっても見られるように公開を続けたい」と語るプロジェクトリーダーの石井純氏(写真:日経BP総研)
小豆島はオリーブの島。ハート型のオリーブの葉っぱを探す女子旅も話題に(写真:日経BP総研)
[画像のクリックで拡大表示]

 ただし、瀬戸芸によるイメージアップや観光客の増加だけでは、転入者の生活を維持することはできない。小豆島の強みは、島外にも名の知れた醤油、そうめん、佃煮、そしてオリーブの4大産業を持つところにある。以下では、具体的に小豆島町における移住対策、そして芸術祭とオリーブ産業それぞれの現状を見ていこう。

移住者へのプロモーションはNPOに任せる

 小豆島町や土庄町から移住・定住促進を委託されているのが、NPO法人のトティエだ。自治体単独では、担当者が異動すると継続性が失われてしまうため、民間に任せることにした。トティエは、ノウハウを吸収・蓄積しながら、転入希望者のニーズに合わせた移住プロモーションを提案している。事務局長の大塚一歩氏も、瀬戸芸で島を訪れたことがきっかけで移住してきた一人だ。移住希望者の気持ちや島の魅力をよく知る人物といえる。

トティエ理事・事務局長の大塚一歩氏。小豆島町に移住し、オリーブメーカーに勤務した後、現職(写真:日経BP総研)
[画像のクリックで拡大表示]

 トティエでは、ウェブサイトや説明会などを通じて興味を持った人を対象に、移住ガイドツアーを年間4回設定している。「島内を案内したり、空き家バンクの物件を見に行ったり、島の人と一緒に食事をしたりします。無料と有料のものがあって、初めての人はフルコースの有料を選び、ほぼ決めたという人は、交流に特化した無料プログラムを選ぶ傾向がある」と大塚氏は説明する。ガイドツアー参加者の人数は30人ほど。参加者のうち移住を決めた人が2割、継続して交流している人が6割で、大塚氏によると年々参加者の熱量の高まりが伝わり、移住のきっかけとしてのイベントとして手応えを感じているという。

 「地方移住を希望している人は他の地域と比較しながら移住先を決めていく。まず、自然などの環境が気に入るかどうかから始まり、次に手頃な住居があるか、仕事があるかを考え、さらには都市部から近いか、先輩移住者や地元の人たちとの交流ができるかなどの要素で比較している。小豆島は条件がいい方だと思う」と大塚氏。

 小豆島町空き家バンク登録物件一覧表を見ると、一軒家の売買価格は平家で70万円から、賃貸は二階建てで月3万8000円から物件が出ている。「高齢化が進み、自分の代で家を処分したい人が多いので売買価格も抑えられている物件もある。ただ、まずは賃貸でという転入希望者も多く、賃貸物件が足りていないのが現状」(大塚氏)。トティエでは、物件の所有者から相談があった場合は、住宅の持ち主に家賃収入が入るメリットを説明しながら、売買物件の賃貸化を提案する活動も行っている。

 こうして一定数の移住者が毎年来てくれるようになった。次の課題は移住者の定着だ。

 「小豆島の有効求人倍率は2.1倍であり、仕事自体はある。実際、小豆島の場合、島に移住する人の約9割が地元企業で働く。とはいえ、何の仕事でも良いという人はいないので、長く働き、楽しく島ぐらしをしてもらうためにも各人が納得する仕事をマッチングしてあげないと難しい」(大塚氏)。

 一方、カフェなどの飲食店の開業を目的に移住を考える人もいるが、「観光客は限られた時期にしかやって来ないので、年間を通して一定の収入を得るには、やはり地元の人に愛される必要がある。続いている転入者の店は、それぞれ新しい価値を提供することでリピーターを生んでいる。そういった現状を押さえ、相手の立場に立って相談に乗らないと、結局、定住は難しくなる」という。

 町では、移住者の定着率を5割に目標設定している。「少なくとも5割をキープできるようにして、さらにその上を目指して施策を打っていく必要がある。島内での交流を増やすこと、離職率を減らすことが定住を増やす鍵になる。福利厚生や休日の取得、ITの導入をはじめとした生産性の向上など、受け入れ先となる企業と一緒に働き方改革についても、取り組んでいかないといけない」と話す。

瀬戸芸が地域と島外を結ぶ

 瀬戸芸は2019年で4回目を迎える。香川県と岡山県の2つの沿岸部の港と12の島々が会場となり、国内外の現代美術家が参加する。この期間、会場を巡る船は増便され、受入側の島の事業者やボランティアの住民たちも大忙しとなる。今年の瀬戸芸の春会期(4月26日~5月26日)は、10連休の恩恵もあり、全会場で38万6909人と前回の1.5倍の来場者数を記録。夏会期(7月19日~8月25日)も、会期が前回より短かったり、猛暑や台風の影響があったりしたものの、1日当たりの来場者は前回を上回り、31万8919人が来場した。9月28日からは、秋会期が開催中だ(会期は11月4日まで)。

 瀬戸芸においては、小豆島は直島に次いで多くの来場者を集める島だ。「(インスタレーションが多い)現代アートは、展示期間が終わったら撤去されてしまうものも多い。だが、芸術祭の島という評判と大勢の転入者とが残った」と、小豆島町の松本篤町長は芸術祭の果たす役割について語る。

 瀬戸芸は、アートを媒介に地域と島外をつなぐことがテーマのひとつにもなっている。2013年の第二回の瀬戸芸から小豆島の拠点となる「福武ハウス」を担当してきた福武財団の大内航氏は、「地元では現代アートのことはわからなくても、地域に元気をもたらす起爆剤として期待は大きかった」と話す。

 福武ハウスは、廃校になった福田小学校を使ってアジアのアートを展示するほか、パフォーマンスイベントも開催する。芸術祭の準備やイベントの開催時には、地域住民をはじめ、島外に出た学生たちが戻ってきて、ボランティアとして参加する。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
福武ハウス(小豆島町福田)。今年は2階部分をアジア・ギャラリーとして展開(左)。右は体育館。福田アジア食堂としてアジアの料理を地域住民がふるまう(写真:日経BP総研)

 芸術祭はもちろん、それ以外の時期にも地元の子どもたちを対象に英語教室が行われ、地区の人たちがやアジアの人たちを巻き込んで運動会を実施するなど、福武ハウスを中心に、地域の連帯感を深める活動が行われてきた。

 福武ハウスのある福田地区は、関西からの玄関口である福田港がある。かつては良質の花崗岩の産地で石材業、海運業で栄えたところだが、時代と共にその賑わいも薄れ、人口も減っていった地域だ。

 「廃校になってからは、世代間交流の場が少なかった。そこで多世代が集まれるイベントが求められていた」と大内氏は話す。地域に芸術祭が根付くことで移住者も現れた。福武ハウスは、住民との交流を促す役割を担っている。

オリーブによる健康・長寿の島づくりを目指す

小豆島のオリーブは、5月下旬〜6月上旬にかけて開花し、7月には実をつける、10月上旬に新漬け用に収穫し、そのあとオイル用を収穫する(写真:日経BP総研)
[画像のクリックで拡大表示]

 小豆島4大産業(醤油、そうめん、佃煮、オリーブ)の中でも、オリーブは、国内生産の9割を占め、小豆島の最も有名な特産物に育った。

 国産オリーブは小豆島が発祥の地。1908年から官民連携で栽培に乗り出し、栽培熱が高まった。ところが、1960年に輸入自由化で安価な海外製品の輸入が増加。害虫被害などもあって栽培面積が急減していった。

 大底は1986年。栽培面積は30ha近くまで落ち込み、オリーブ畑はミカン畑に変わっていった。その後、町がバックアップして有志のオリーブ並木推進委員会がオリーブの並木を作ったり、一般家庭でも自家栽培ができるように2000円の苗木を500円で配布したりするなど、点だったオリーブの植栽を町全体に広げていく。

研究所でオリーブ作りを指導する所長の久保田健康氏と主席研究員の柴田英明氏(写真;日経BP総研)
[画像のクリックで拡大表示]

 オリーブの品質向上で大きな役割を果たしたのが、香川県農業試験場小豆オリーブ研究所(旧香川県農業試験場小豆分場)だ。オリーブを安定的に生産するための研究を行う一方、高品質のオリーブを生産する手法も民間に提案していった(関連コラム)。

 また、県のオリーブ栽培の試験地である西村圃場がオリーブ公園として整備され、町も1990年に飲食施設などを設置。併せて道の駅「小豆島オリーブ公園」として、オリーブか楽しめる観光名所を誕生させていった。

国内オリーブ生産は小豆島が9割を占める。近年、香川県本土での栽培も増えており、県内の栽培面積は急増してる(資料:香川県)
[画像のクリックで拡大表示]

 オリーブの栽培面積が大幅な増加に転じるきっかけになったのが、2003年の旧内海町の「小豆島・内海町オリーブ振興特区」の認定。これで企業がオリーブ栽培に参入できるようになり、醤油のヤマヒサなど地元の有力メーカーもオリーブ生産を手がけるようになった。さらにオリーブ生誕100周年の2008年には、商工観光課の中にあったオリーブ室を格上げしてオリーブ課を立ち上げ、生産、販売、プロモーションなど、全国に向けてオリーブ振興を図っていった。

 「荒廃農地をオリーブ畑に転用でき、雇用にもつながることで、島外からの視察も増え、今では全国でオリーブが生産されるようになり、オンリー1からトップ1へとうたい文句も変わった。今は香川県産オリーブとしてのプロモーションも多く、その中で小豆島ブランドとしてどう育てて行くかに腐心しているところ」と松本町長は話す。

小豆島では60種のオリーブが育てられ、主にルッカ、ミッション、マンザニロ、ネバディロブランコの4品種が栽培されている(写真:日経BP総研)
[画像のクリックで拡大表示]

 オリーブオイルには、ポリフェノール、ビタミンE、オレイン酸が多く含まれ、抗酸化作用や中性脂肪の減少にも効果があると言われている。町では「オリーブを用いた健康長寿の島づくり」事業を2012年から開始。家庭・学校給食でのオリーブオイルの普及、オリーブと小豆島の食材を活かした新しい料理の開発、島内飲食店でのオリーブ料理の提供などを補助金や一般財源を使って進めている。「小豆島町では、住民の食生活の中にオリーブは定着してきている」と松本町長。これが町の医療費や介護費の抑制につながれば、小豆島オリーブの価値はさらに上がりそうだ。

 この4月には、小豆島ヘルシーランド(土庄町)が、オリーブオイルポリフェノールにより、血中LDLコレステロールの酸化を抑制するという機能を謳ったオリーブオイル製品初の機能性表示食品を発売した。小豆島町内の大手メーカーでも同様の動きがあり、「オリーブ=健康という価値作りを官民一体になって進めて行きたい」と松本町長は意気込む。

小豆島ブランドを育てるため、地場産業担い手育成事業を開始

 もう一つ、松本町長の肝いりで始まったのが、地場産業担い手育成事業の「中川塾」だ。町出身で日清食品ホールディングス相談役の中川晋氏を塾長に招き、次世代を担う経営者の育成を目指す。

 「有力な地域資源があっても小豆島ブランドとして全国に広め、育てていくにはマーケティングや人脈がなければ難しい」と松本町長。経営を学び直したいという地元の若手経営者、商品企画、営業担当などを集め、2018年6月に開講し、今年で2年目を迎えた。

 特別講師を引き受けた湖池屋の佐藤章社長が、地元で国内最大級のオリーブ農園を経営する、東洋オリーブを視察したことがきっかけとなり、「湖池屋 JAPAN PRIDE POTATO 小豆島 オリーブソルト」の商品化が決まったり、島内の佃煮メーカーを集めて各社の「推し佃煮」を「佃煮坂46」と称してスーパーマーケット・トレードショー2019に出展したりと、成果も出始めている。

湖池屋 JAPAN PRIDE POTATO 小豆島 オリーブソルトは、道の駅 小豆島オリーブ公園の売店のほか、10月末までセブンイレブンでも発売する(写真:日経BP総研)
[画像のクリックで拡大表示]

オリーブのモノ消費からコト消費へ

 オリーブを育て、加工し、そして観光の柱にする——。

 松本町長は、自ら手がけた地方創生ビジョンの理念に沿って、「人が集い 元気なまち」を施政方針に挙げている。映画「二十四の瞳」(1954年初映画化)の舞台として、長く観光客を集めたが、いまはかつてのヒット映画を知らない世代も増え、瀬戸芸などでやってきた観光客をリピーター客として取り込みたい考えだ。

 小豆島観光の起点となるのが、松本町長が理事長も兼務する「道の駅 小豆島オリーブ公園」だ。実写版「魔女の宅急便」の舞台となったことで、2000本のオリーブ畑に囲まれた瀬戸内海を見下ろす丘では、貸し出される魔法のほうきにまたがってSNS用に撮影する観光客が大勢訪れる。

実写版「魔女の宅急便」のロケ地にもなったオリーブ公園の広場。オリーブ記念館で無料貸し出ししてくれるほうきにまたがり、ジャンプした瞬間を撮影。空飛ぶ写真がSNSで国内外に広まる(写真:日経BP総研)
[画像のクリックで拡大表示]

 園内のオリーブ記念館では、食用オイルや菓子、化粧品などのオリーブ商品をお土産として買えるほか、オリーブオイルを使ったスイーツや料理が提供される。他にもオリーブの歴史を学べる展示のほか、公園内のオリーブの木から幸せを呼ぶハート形のオリーブの葉っぱを探してしおりやお守りを作ったり、インスタ(写真投稿によるソーシャル・ネットワーク・サービス「Instagram(インスタグラム)」)掲載にぴったりの幸せを呼ぶオリーブ色のポストを設置したりと、オリーブに関連して様々な体験ができるように趣向を凝らす。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
オリーブ公園内の中核施設のオリーブ記念館。オリーブ栽培の歴史がわかるギャラリーやハート形のオリーブの葉っぱを記念にパッケージにできるコーナー、オリーブオイルの料理やデザートが食べられるショップ、各種オリーブ製品が手に入る売店などが入る(写真:日経BP総研)

 隣接する民間の小豆島オリーブ園でも、オリーブ製品の物販だけでなく、園内でハート形のオリーブの葉を探索できたり、体験スペース「ラボレア」ではオリーブオイルのブレンドが楽しめたりと、コト消費に力を入れる。井上誠耕園でも、2017年に「らしく園本館」でブレンドオイルをテイスティングしたり、マイボトルを作るサービスを始めている。らしく園2階のレストランでは、オリーブを飼料にした「オリーブ牛」「オリーブ緑果豚」などを使った料理が楽しめるメニュー開発も、随時行っている。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
売り上げで成長g続く井上誠耕園。らしく園などの直営店、通販、飲食店など新しい試みを実践する(写真:日経BP総研)

 東洋オリーブでは、事前申し込みで農園・工場見学を受け付けている。本社裏の農園では、廃棄していたオリーブの枝を粉砕・発酵させて堆肥にして畑にまく循環型農法も取り入れ、農薬や化成肥料を使わない完全無農薬の畑も展開する。工場内には2018年に導入した新型の採油機が並ぶ。実を水洗いして、粉砕、練り、そして遠心分離でオイル、搾りかす、果汁に選別される工程を見ることができる。最後は併設のショップで各種オリーブ製品を購入できる。

 「オイルのほか、果肉や種などの搾りかすは乾燥させてオリーブ牛の飼料などに利用。残り70%を占める果汁の活用も考えている」と同社広報で工場見学を担当する佐々木氏。オリーブにまつわる様々な話が聞ける。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
創業65年の東洋オリーブ。現社長になり、コーポレートマークも一新。瀬戸芸に合わせてデザイナーのコシノジュンコ氏とコラボしたオリーブオイルを発売するなど、新展開が続く(写真:日経BP総研)
本社裏手にあるオリーブ畑は無農薬栽培を実践。工場見学では佐々木氏が案内してくれる。佐々木氏も移住者だ。小豆島の西に浮かぶ豊島でアートや棚田の仕事に携わったあと、東洋オリーブに入社した(写真:日経BP総研)
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
オリーブ畑の一角でオリーブの枝を粉砕・発酵させて堆肥が作られる。工場では大型の採油機が設置され、オイル、果汁、搾りかすに分離される(写真:日経BP総研)

オリーブのほか、石のまち、醤の郷などで体験型観光を開拓する

 今年5月、小豆島町が丸亀市、土庄町、岡山県笠岡市ともに申請していた「知ってる!?悠久の時が流れる石の島~海を越え、日本の礎を築いた せとうち備讃諸島~」が日本遺産に認定された。良質な花崗岩を産し、高い石切り技術や巨石を運ぶ水運技術などが磨かれたエリア。島の石切場は壮観な景観を形成し、迷路のような集落や石にまつわる信仰や文化、芸能を継承する。そんな歴史物語が評価された。

 「瀬戸芸があり、オリーブ農園各社も体験型のサービスに力を入れ始めている。それ以外にも日本遺産に認定された石切り場や木桶の数で全国の半数を占める醤の郷などもあるガイドを養成して、知識が得られる体験型の観光地を目指す」と松本町長は話す。

 石のほか、醤油やそうめんが400年、オリーブが110年、そして現代アートが10年。歴史ある豊富な地域資源を創意と工夫で体験型の観光商品を生み出す小豆島町。歴史だけでなく、その手法にも学ぶべきものがありそうだ。

石の島でもある小豆島。花崗岩を切り出した採石場は壮観。写真は、「里帰りの大石」は大坂城の修築にも供され、城内で保管されていた石を持ち帰ったもの(写真:日経BP総研)
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
木桶を使った昔ながらの製法で醤油造りを続ける老舗「ヤマヒサ」の蔵(左)。場内に箏曲を流して醤油に聞かせていている。小豆島そうめんの「なかぶ庵」では、店舗脇の工場見学で箸わけなども体験できる。店では生そうめんが食べられる(右)(写真:日経BP総研)
松本町長が理事長を務める「二十四の瞳映画村」は、映画のロケ用オープンセットを改築して作られた昔懐かしい映画のテーマパーク。7月からフィギュア制作大手の海洋堂と組んで、アート、映画、ネイチャー、ヒーロー別にフィギュアのギャラリー展示を始めている。海洋堂の職人の制作風景が分かるブースも設置(写真:日経BP総研)
[画像のクリックで拡大表示]
今回の瀬戸内国際芸術祭の出品作品のうち、松本町長のお薦めの一つが「小豆島の恋」(小豆島町中山)。日本の棚田百選にも選ばれる「中山千枚田」。そこに竹を組み合わせて作ったワン・ウェンチーの巨大なドーム作品が現れる(写真:Keizo Kioku)
県の研究所がオリーブの品質向上をバックアップ

 小豆島のオリーブの品質向上で大きな役割を果たしたのが、香川県農業試験場の小豆オリーブ研究所だ。オリーブを安定的に生産するための研究を行う一方、高品質のオリーブを生産する手法も民間に提案していった(関連コラム)。

 研究所で長年オリーブ作りを指導する主席研究員の柴田英明氏は、まず生産者の意識改革に乗り出した。生産者とともに、イタリアのオリーブ畑や採油所などの視察に出かけた。「オリーブオイル生産の本場を体験しながら、質の高い小豆島産オリーブオイルをどうやって作るか、皆が考えるようになった」という。

 まずは、手摘みへのこだわり。海外の広大なオリーブ畑では専用車で一気に収穫していくが、日本では病気や虫に食べられて傷んだ実が入らないように手摘みで丁寧に選別しながら収穫して行くことを心掛けた。

「より良質のオリーブオイルを求めて、毎年モデルチェンジがある」と小型のイタリア製採油機の説明をする所長の窪田氏(写真:日経BP総研)
[画像のクリックで拡大表示]

 そして小型採油機の導入。「私が入所した30年前は、オリーブオイルの採油機は、大型で高価。島内には民間が所有する1台しかなく、最低500kgの果実が必要。複数の農家から集めて、まとめて絞っていた」。そこで柴田氏は、オーストラリアの商談会に自費で出かけ、大型機の10分の1の価格、200万~300万円で買える小型採油機を見つけてきた。これをまず、民間のオリーブ園が購入、さらに試験場や小豆島オリーブ公園でも導入し、数年後には、井上誠耕園など、有力生産者もこれに続いた。

 オリーブの実は収穫した瞬間に酸化が始まるので、すぐに搾った方が品質の高いオイルができる。小豆島産のオリーブオイルは、生産者が参加する「NPO法人小豆島オリーブ協会」の申し合わせ事項で、収穫後72時間まで搾ることになっており、各社、素早い採油を心がけている。「小型採油機の導入によって、少量生産が可能になり、自分の育てたオリーブの実を使って、品種、日当たりや水やりを調整した栽培方法、収穫時期、採油のタイミング、ブレンドなど、生産者のアイデアやノウハウによって、苦みや辛み、香りなど、独自のオイルを生産できるようになり、各社競うように、どんどん品質が向上していった」と柴田氏。

ボックス席に着いて官能評価の手法を説明する柴田氏(写真:日経BP総研)
[画像のクリックで拡大表示]
研究所オリジナルの新品種「香オリ3号」「香オリ5号」を説明する柴田氏(写真:日経BP総研)
[画像のクリックで拡大表示]

 その過程で紫田氏が取り入れたのが、官能評価だ。官能評価とは、一定の環境下で、オリーブオイルの香りや苦味、辛味などを8〜12人の訓練されたテイスターがグループで評価するもの。スペインから講師を招聘して、生産者も国際基準のエキストラバージンオイルが持つ特性を評価できるように研修を受けさせた。研究所にもオリーブオイル官能評価パネルを設置、国際基準であるIOCの規定にしたがって県内の生産者からの官能評価を引き受けている。また、日本には国際基準に合致したオリーブオイルの評価制度がないため、県では、独自に「かがわオリーブオイル品質評価・適合表示制度」を創設し、国際規格のエキストラバージンとして表示できる「スタンダード」のほか、さらに基準の厳しい「プレミアム」も設け、品質も担保する認定制度によって生産者をサポートしている。

 「生産者もオイルの品質を自分達で客観的に評価できるようになり、生産者間でも切磋琢磨しながら海外の品評会に出品するようになった」。2015年には、小豆島ヘルシーランドが、ロサンゼルス国際エキストラバージンオイル品評会で金賞のベストオブクラスを受賞。今年も4月にイタリアソレントの品評会で小豆島オリーブ(土庄町)が特別賞、空井農園や東洋オリーブなども入賞を果たしている。国内でも国産オリーブオイル初の全国コンテスト「日本オリーブオイル品評会」を小豆島で今年2月に開催。小豆島オリーブ公園の製品が農林水産大臣賞を受賞した。これら品評会での好成績は官能評価制度に負うところは大きい。

 次の一手として、研究所が進めているのが初のオリジナル品種によるオリーブの栽培。2017年に新品種の「香オリ3号」「香オリ5号」を発表した。同研究所所長の窪田氏は、「現在、流通しているオリーブオイルは海外の品種ばかり。数十年前に先輩たちが交配したものの中から選抜した2品種をいよいよ来年から生産者に分譲する。香りもよく、口に含んだ途端に印象的な苦味が口全体に広がる特徴がある」とヒットを期待している。

この記事のURL https://project.nikkeibp.co.jp/atclppp/PPP/030700028/091700026/