公園など都市のオープンスペースのサステナブルな利活用について考えていくシリーズ「公園が変わる! 街が変わる!」。全3回にわたって、公園と地域をつなぎ、公園における市民の活動をサポートする「パークコーディネーター」の役割について解説していきます。今回は、東京都内の多くの公園にパークコーディネーターを派遣しているNPO birthの佐藤留美事務局長が、パークコーディネーターが市民とともに企画をつくり上げていくプロセスを紹介します。

公園特性と地域特性を把握し、そのポテンシャルを地域のパートナーとともに引き出すことで、公園の個性(オリジナリティー)が際立ってくる(資料:NPO birth)
[画像のクリックで拡大表示]

 パークコーディネーターが公園づくりを考える際、まず着手するのが公園と地域のポテンシャルを掘り起こすことです。それぞれの公園には特性があり、それは地域の特性と相互に関連し合っています。この「公園の特性」と「地域の特性」の2つを把握することで、公園づくりの方向性が明確になり、地域の様々な力を公園に呼び込みやすくなります。

 公園の特性としては、立地や面積、設置目的、施設の種類、自然環境、利用者の属性、ボランティア活動などがあります。地域の特性としては、公園を取り巻く土地利用、学校などの施設の有無、アクセス、ステークホルダーの種類などがあります。公園と地域のポテンシャル(潜在力)を、産官学民、多様なパートナーとともに引き出すことで、公園のオリジナリティー(個性)が際立ち、公園づくりの方向性が見えてきます。

公園がパートナーを求めていることを発信する

 パークコーディネーターが次にすべきことは、これらのポテンシャルをともに引き出してくれるパートナーを集めることです。しかし大抵の場合、市民は自分が主体的に公園づくりに関われるとは思っていません。公園は「ルールばかり多くて」「自由度が低くて」、自分が関わるには「ハードルが高い」場所だと思われているのです。ですから、公園を変える第一歩は、市民自身に、「公園に関わるのは難しいことではなく、楽しいことなのだ」と気づいてもらうことです。

 そのためには、市民も公園管理者側も、双方が意識を変えることが大切です。一方的に苦情を届ける/受ける、という関係ではなく、公園についてともに考え、ともに実践するパートナーとして認識し合うのです。

 公園管理者が、公園づくりの方向性を打ち出し、パートナーを求めていることを内外に示していくことで、状況は改善されていきます。公園側の考えや姿勢を、公園のパンフレットやホームページ、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)など様々な媒体を活用し、積極的に発信していきます。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
武蔵野地域の都立公園では、地域の産官学民の連携で公園の可能性を広げ、まちづくりに貢献することをコンセプトとし、パンフレットやWebサイトに記載している。このチラシは、指定管理者が目指す公園づくりの方針を紹介するパンフレットである。指定管理者は西武・武蔵野パートナーズ(西武造園、NPO birth、ミズノスポーツサービス、防災教育普及協会)(資料:NPO birth)

 また、市民主体のワークショップやボランティア体験など、市民が気軽に公園づくりのパートナーとして参加できる「取っ掛かり」をつくることはとても効果的です。公園スタッフと市民がたびたび顔を合わせることで、お互いに話しやすい関係づくりができて、新たなプロジェクトが生まれやすくなります。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
都立武蔵国分寺公園で行っている「ちょいボラDAY」。誰でも気軽に園内のガーデンや雑木林でのボランティア活動に参加できる。このプログラムに社員が参加したことをきっかけに、近隣のリオン株式会社が公園で定期的にCSR活動をすることにつながった。毎週の園内作業に加え、人工池の水質浄化など企業の技術を生かした活動にも広がっている(資料:NPO birth)