民間の力を利用した、公園など都市のオープンスペースのサステナブルな空間利用について考えていくシリーズ「公園が変わる! 街が変わる!」。第5回から第7回は、大小53公園の管理を一括して民間の指定管理者に委託した西東京市の取り組みを、当時、西東京市みどり公園課長として市立公園における指定管理者制度の導入に中心的に携わった高井譲氏が解説します。最終回は、公園ボランティアが主体となって公園の管理運営を行っている事例などを、指定管理の公園以外も含めて報告します。

市民による市民のためのサービス

 西東京市の公園ボランティアは、約900人います。市民が主役となって、市立公園で花壇の維持管理や清掃活動など、様々な活動を行っています。その成果として、「東京都公園協会賞」や「みどりの愛護功労者国土交通大臣表彰」を市内のボランティア団体が受賞しています。今回は、主な公園ボランティアの活動について、指定管理の公園以外も含め紹介します。

(1)雑木林の若返りに取り組む公園ボランティア <西原自然公園を育成する会>

ボランティア主体によるイベント「山仕事体験会」の様子(写真:高井 譲)
[画像のクリックで拡大表示]

 西原自然公園は、面積約2haの雑木林中心の公園です。一時は、樹木が鬱蒼(うっそう)として暗く、子どもや女性は入ることを敬遠するような公園でした。しかし、伐採を含めた植生管理をボランティア団体「西原自然公園を育成する会」と行政の二人三脚で取り組みました。その結果、公園は明るくなり、保育園児も含め子供たちが楽しく遊べる公園として再生しました。

 さらに、ボランティア主体によるイベント「山仕事体験会」は、植栽管理に効果的な取り組みです。これは、市内外のボランティアが、マイヘルメットやマイチェーンソーを持参して、せん定や樹木の伐採を行って、伐採した材木を薪用に持ち帰ってくれるというものです。

 親子で参加者を募り、手のこぎりで、樹木の伐採を体験してもらうイベントもボランティア主体で行っています。子供たちにとっては、のこぎりを使って樹木を切る機会が最近はなかなかないので貴重な体験の機会となっています。

「山仕事体験会」では、ボランティアがせん定や樹木の伐採を行う(写真:高井 譲)
[画像のクリックで拡大表示]
子供たちにとっては、のこぎりを使って樹木を切る貴重な機会となる(写真:高井 譲)
[画像のクリックで拡大表示]