公園など都市のオープンスペースのサステナブルな利活用について考えていくシリーズ「公園が変わる! 街が変わる!」。前回に引き続き、緑を活用して人々が住みたくなる街をつくる方策について考えていきます。東京都や千葉県流山市などの具体的な取り組み事例を交えながら、建築・まちづくりプロデューサーとして数多くの事業に携わるチームネットの甲斐徹郎代表取締役が解説します。

自治体のジレンマをブレイクスルーさせる取り組み(前回からの続き)

 前回は自治体の担うべき本質的な役割として、住まいの外へと暮らしを拡張させることで得られる豊かな価値に対する気づきを生み出すプログラムを考える必要があるということを説明しました。

 では、どのようなプログラムが必要となるのか、実際にそのプログラムづくりを意図して実践されているモデル事業を紹介したいと思います。

(1)住民と自治体との立ち位置を変える
 ――「まちなか緑化」プログラム(東京都公園協会)

 まず最初ご紹介するのは、2008年から今現在も継続して東京都公園協会によって取り組まれている「まちなか緑化事業」(※2012年からは界わい緑化推進プログラムとして現在も展開中)です。

 この事業は、協会が運営する公園の駐車場や施設の利用料などで生まれる収益を公益事業に活かす取り組みとして開発されたものです。これまでに都内10カ所の地域で事業が進められ、その実践を通じて、住人自身の気づきを生み出し、住まいの外環境を重視する生活スタイルを地域ぐるみで醸成し、協会が積み立てた緑化基金を元手に緑化助成を行い、みどり豊かな地域の環境を創造していくという一連のプログラムが開発されています。

「まちなか緑化事業」によって生まれ変わった街並み。2つの旗竿地の住人が緑化事業に参加、お互いにあきらめていた豊かな環境が実現した(写真:甲斐 徹郎)
[画像のクリックで拡大表示]
「まちなか緑化事業」によって変容した割烹料理店。各店のファサード緑化を連続させ商店街を活性化(浅草・みちびき花の辻商店街)(写真:甲斐 徹郎)
[画像のクリックで拡大表示]

 「まちなか緑化」を推進するには、都市で暮らす住民の緑に対する意識の変容を図ることが欠かせません。そこで、①自分のこと化、②相互触発、③コミュニティ主体の醸成――という3つのステップを踏むプログラムが開発されています。以下に、その概要を示します。

【ステップ① 自分のこと化】
「自分にとって得なこと」を発見させるステップ。参加者が、「これは自分のためだ」と思い始めなければ成果は生まれないので、非常に重要なステップである。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
「まちなか緑化プログラム」の「ステップ① 自分のこと化」の段階で行う体感セミナーの様子。夏の日差しに見立てた白熱灯の熱が、濡れたスダレによって完全に遮断され、暑さよりもむしろ涼しさを感じることに誰もが驚く(写真:チームネット)

 「ステップ① 自分のこと化」の段階で、どうやって「自分のこと化」させるのか。そのために開発された手法が「体感セミナー」です(上写真)。このセミナーでは、様々な体感実験が実施されます。例えば夏場対策をテーマにした体感実験では、白熱灯を使って夏の日射を再現し、まずその暑さを体感してもらいます。次に、この日射をスダレによって遮蔽して暑さの差を体感し、さらに霧吹きでそのスダレを湿らせて、植物の蒸散作用と同じ効果による涼しさを再現して体感してもらうということを繰り返します。

 実際に体感して比較してみると、参加者は誰もがその劇的な変化に驚きます。あれだけ暑かった白熱灯からの熱が、濡れたスダレ越しでは全く感じられず、むしろ涼しく感じるのです。理屈を理解させるのではなく、このような実際の体感を通して、機械に依存した涼しさではない「外環境を活かすことで生まれる快適さというものがあるんだ」と、その存在への気づきを与えることがポイントです。そして、植物の蒸散作用による涼しさ=樹木がつくりだす快適さに興味が湧き始めると、「緑は自分のため」という意識が生まれます。これが第1ステップの「自分のこと化」です。

【ステップ② 相互触発】
同じ通り沿いに住む人を同じテーブルに集め、自分のためにやってみたいことを相互に出し合ってもらう。これによって、「他の人も自分と同じことをやりたいと思っている」「みんなが実践したら、この通りはすてきになる」という2つの気づきが得られる。

「まちなか緑化プログラム」でのワークショップの様子。参加者それぞれが「自分のやりたいこと」を出し合ううちに熱量が上がり、相互に触発し合う(写真:チームネット)
[画像のクリックで拡大表示]

【ステップ③ コミュニティ主体の醸成】
第2ステップで参加者が出し合った思いを、「ガーデンデザイナー」が取りまとめる「デザイン提案」を行う。ここでは「緑に覆われた街」を絵として見せることで、個人個人の取り組みの連鎖で街全体が変わっていくことをイメージさせる。

参加者の思いを絵にし、それぞれの思いをつなぎ合わせてガーデンデザイナーの正木覚氏が街全体の絵を完成させる(写真:チームネット)
[画像のクリックで拡大表示]