公園など都市のオープンスペースのサステナブルな利活用について考えていくシリーズ「公園が変わる! 街が変わる!」。今回から全3回にわたって、公園と地域をつなぎ、市民が公園で生き生きと活動できるように様々なサポートを行う「パークコーディネーター」の役割に着目します。東京都内の71の公園で指定管理を行い、各公園にパークコーディネーターを派遣しているNPO birthの佐藤留美事務局長が、豊富な事例を交えながら解説します。

 東京都の都立公園では、2006年度から指定管理者による管理が行われており、毎年9月に管理運営状況の評価結果が公開されます。評価は4段階(S、A+、A、B)で示され、最近公表された2018年度の評価結果では、94施設中6施設が最高評価のSを獲得しました。評価は、管理の履行状況、安全管理、法令順守、サービスの利用状況、利用者満足度、行政目的の達成といった観点から行われますが、昨今は特に地域との連携状況に重きが置かれていると感じます。

 その意味で、今回S評価を獲得した6施設のうち、武蔵国分寺公園(国分寺市)、野山北・六道山公園(武蔵村山市)、陵南公園(八王子市)の3施設にパークコーディネーターが配置されていることは、注目すべき点といえるでしょう。これらのパークコーディネーターは、各公園の指定管理者の構成員で、筆者が事務局長を務めるNPO法人NPO birthに所属しています。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
S評価を得た都立武蔵国分寺公園では、パークコーディネーターが常駐し、地域連携によるイベントが次々に開催されている。写真は「Picnic Heaven」の様子。「家族や友人みんなと公園で楽しく過ごす1日」をコンセプトに、30~40代のお父さん世代が企画。DJセレクトのBGMやライブ、ストリートスポーツ体験などが行われ、1日に数千人が来場している(資料・写真:NPO birth)

 公園が様々な地域課題を解決するプラットフォームとして期待され、多様な人々が関わりあう「まちづくりの中核」として機能させるために、パークコーディネーターはこれからの公園運営に欠かせない人材です。

 本コラムでは、全3回にわたってパークコーディネーターの役割をお伝えしていく予定ですが、今回、まずは1回目として、パークコーディネーターの基本的な位置付けや在り方について、解説していきたいと思います。