5位 吉岡町(群馬県)

 群馬県のほぼ中央部に位置し人口は約2万人。2村が合併し町制が施行されたのは1991年と、比較的歴史が浅い町だ。利根川の西側に位置し、東に前橋市、北に渋川市と隣接。県内最大の高崎市とも近い。これらの都市のベッドタウンとして人口増が続いている。

 群馬県を南北に貫く国道17号は町内を通らず、利根川の東側に沿うように国道が通っていたためアクセスに難があったが、前橋市と結ぶ町南部の上毛大橋の開通や、2010年に国道17号の前橋渋川バイパスが開通したことによって交通事情が改善した。その後も前橋市につながる吉岡バイパスの開通、ETC専用の関越自動車道駒寄スマートインターチェンジの供用開始などが続き、南部エリアへの大型商業施設の出店や住宅地の開発などが進んでいる。東西の外縁部においては、船尾滝周辺や利根川など豊かな自然も多く残っている。

 ただ、町に鉄道駅はなく、路線バスも含めて公共交通機関の利便性は高くない。沿線住民を中心に新駅を待望する声もあり、その動向次第ではさらなる人口増も見込まれる。

・吉岡町の人口ビジョン/総合戦略


ランキングINDEXに戻る