長野県塩尻市は、市民や観光客の移動を支援するモビリティを、従来のコミュニティバスからAI(人工知能)活用型オンデマンドバスや自動運転車両を組み合わせた「塩尻MaaS」へと転換しようとしている。自動運転に不可欠な3Dマッピングデータは子育て中の主婦などが作成するなどユニークな取り組みに注目が集まっている。

 長野県塩尻市は、民間の路線バスの撤退に伴い導入したコミュニティバスの利用者減などの交通課題の解決に向け、官民連携体制で「塩尻MaaS」の構築・運営を目指している。塩尻MaaSは、コミュニティバスの運行を全面的に再構築し、市街地と農山村地域を結節する持続性の高い基幹交通としての自動運転バスの運行と、市街地内・農山村地域内における利便性の高いオンデマンドバスの運行などを目指す。双方をシームレスに接続したサービスにする計画だ(図1)。

(図1)塩尻MaaSの将来構想(資料提供:塩尻市)
(図1)塩尻MaaSの将来構想(資料提供:塩尻市)
[画像のクリックで拡大表示]

 バス運転手の不足と利便性低下という課題を同時に解決するため、オンデマンドの運行形態が適している地域・路線については、2022年度から普通第二種運転免許で運転可能なワゴン車を利用してドライバー不足を補う。市域内移動の要となる市街地・農山村間の基幹路線においては定時定路線のバスを運行し、将来的な技術的進展を前提に自動運転車両の導入を検討する。

 コロナ禍の影響で、ワイナリー見学などを観光資源とする塩尻市の観光産業も大きなダメージを受けた。塩尻市としては、そうした産業の復興にもMaaSを活用したいと考えている。