実現形態はタクシー、バス、送迎サービスの3タイプ

 未来シェアはSAVSの実用化に向け、日本各地で実証実験などを進める。直近では、前橋市における交通課題の解決を目指した調査・研究に着手した。前橋市内のバスやタクシー、自家用車の利用状況に関するデータを基に、SAVSを使う場合の市民の移動状況をシミュレーションし、例えば、市民の高齢化が進んだときに自家用車を運転できなくなった高齢者の移動を、どれくらいの車両があれば公共交通で効率的に賄えるかなどを確認する(*1)。

*1 前橋市とNTTドコモは、ICTを活用したまちづくりを推進し、住民の利便性向上を目的とした連携協定を2018年5月10日に締結。その一環として、NTTドコモと未来シェアが共同開発しているモビリティサービスプラットフォームを活用した実証実験など、AIを活用した地域交通網の導入方針案を2018年秋ごろまでに作成する予定

 未来シェアは、SAVSで実現するサービスを「乗り合いタクシー」「乗り合いバス」「乗り合い送迎サービス」の大きく3タイプに分けて検討している。

 乗り合いタクシーのタイプは、リアルタイムな乗車希望に対して車両を即時配車するというもの。配車済みの車両の空き座席を乗り合いに活用する。自宅から最寄り駅までの近距離移動や観光地・商業施設間の移動、高齢者の“足”として機能するドアツードアの移動といった、ラストワンマイルのサービスを想定したものだ。

 乗り合いバスのタイプは、ルートや時間を固定しない送迎サービスである。現行の送迎バスや路線バスは路線が決まっており、時刻表に沿って運行するのに対し、乗り合いバスのタイプは、バス停はあるが路線や時刻表はない。利用者の「乗車したい」というデマンドに応じて、送迎バスを運行させる。利用者が増えれば増えるほどバス停が増えていき、やがてドアツードアに近い形になるだろう。利用する場合、利用者はスマートフォンのアプリを使って乗車と下車地の要求を出すことになる。

 スマホを使えない人に向けて、コールセンターを設けたり、スマホを使わずに呼び出しや行き先などを簡便に入力できるデバイスを使ったりすることも想定する。なお、乗り合いバスのタイプについて、未来シェアはNTTドコモと組む。未来シェアのSAVSとNTTドコモのリアルタイム移動需要予測の技術を組み合わせ、NTTドコモが開発してきた「AI運行バス」のさらなる高度化を図る。

 乗り合い送迎サービスのタイプは、事前予約で乗り合いの送迎車両を配車するというもの。例えば、空港と自宅の間でのドアツードアの送迎や、病院やデイケアなどの送迎などを想定する。現状では、乗り合いで送迎するとき、どの順番で利用者をピックアップして移動し、下車させていくか、どのルートを通るかなどについては、ドライバーの“勘”に頼っている。SAVSを使えば、送迎に必要な台数やルート、乗車・下車の順番を事前に把握できるので、“勘”が効かない経験の浅いドライバーでもプロ並みの配車が可能になるというわけだ。

 病院やデイケアなどの施設では、それぞれが独自に送迎車両を運行している場合がほとんどだろう。こうした状況は、地域全体で見れば路線が被るなど無駄が多い。しかもドライバー不足のため、送迎バスの運行が難しい施設もあるようだ。これらの送迎車両を可能な限り共用することとし、すべてAIで配車すれば、効率が上がるというのが未来シェアの考えである。