現在、日本において有人島(住民基本台帳に人口登録がなされている島)として数えられている離島は、300島以上あるといわれている(2018年4月現在)。高齢化による人口減少が深刻化している島も多いが、一方で、自然や独自の風習が残る観光地として海外から注目され、インバウンドが急増しているケースも多い。人口減少と観光客増加によるモビリティの課題はどこにあるのか。昭和の時代には、映画化もされた小説「二十四の瞳」の舞台として注目され、最近では瀬戸内国際芸術祭で注目を浴びている香川県の小豆島から、離島が抱えるモビリティの課題を探ってみた。

 瀬戸内海に浮かぶ小豆島は瀬戸内海国立公園の中心として、約170km2の面積を持つ日本で19番目に大きな島である。20島ほどの属島を含め、人口は約2万8000人(2017年現在)。もともと3町で構成されていたが、平成の大合併によって土庄町と小豆島町の2町に整理された。両町は面積も人口もほぼ同じ規模だが、小豆島の玄関港は高松港にも近く島の西部に位置する土庄港になる(写真1・図1)。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
(写真1・図1)小豆島の玄関港となる土庄港は、高松港や新岡山港などと結ぶフェリーや高速艇によって、35分から1時間で本土と行き来できる(撮影:元田 光一)

運転免許証の自主返納で交通弱者に

 小豆島の人口構成を見てみると、高齢化による年齢構成の偏りや人口減少といった状況から、日本の未来が見える島とも言われている(図2)。小豆島には大学がないため、18歳になるとほとんどの若者が島を出てしまう。そうした若者たちは、卒業後も就職によってほとんどが東京や大阪などの都市圏に残るので、生産年齢人口の減少が深刻化している。

(図2)1947年にピークを迎えた小豆島と2008年にピークを迎えた日本の人口推移を比較すると、似たような傾向が一足早く見られる(出所:小豆島地域公共交通協議会が作成した四国運輸局セミナー資料)
[画像のクリックで拡大表示]

 モビリティの側面から見ても、高齢化が進むことによる課題が見えてきた。運転免許証を自主返納する島民が増え、交通弱者が増えつつあるのだ。

 四国新聞の調査によると、2017年における香川県内の65歳以上の運転免許自主返納率は、小豆島町が3.03%、土庄町が2.83%と県内で1、2位を争う高さだ。

 小豆島では1人1台の車所有が当たり前になっているが、運転免許証を返納した交通弱者が増えていく状況を踏まえ、高齢者の生活を支援する公共交通の充実が急務となっている。とはいえ、小豆島でもバスの運転手が高齢化によって既に不足している状況だ。どうやって公共交通の充実を図るのかが、モビリティにおける大きな課題となっている。