ふるさと納税やクラウドファンディングなどの寄付、スポンサー制度、ソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)、まちづくりファンドの活用など、公共施設/サービスの整備、維持には新たな資金調達スキームの検討が必要な時代になってきた。