総務省が毎年7月に公表している「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」を基に、年少(15歳未満)、生産年齢(15歳以上65歳未満)、老年(65歳以上)の3区分による人口増減率ランキングをお届けする。老年人口増減率ランキングの1位は、東京都青ケ島村だった。全国TOP50のほか、人口規模別や都道府県別のランキングも併せてお伝えする。

 65歳以上の老齢人口の増減率をランキングした。1位は東京都青ケ島村(増減率8.33%)、2位は千葉県印西市(同5.40%)、3位は沖縄県豊見城市(同5.07%)だった。1位の青ケ島村は総人口166人の小さな自治体だが、2位の印西市は同9万9286人、3位の豊見城市は同6万3980人と、ランキング上位には数百人から数十万人の自治体が混在している。

 政令指定都市では、すべての自治体で老年人口が増加している。1位は札幌市(増減率2.88%)、2位は仙台市(同2.63%)、3位は福岡市(同2.63%)と続く。福岡市は年少人口の増加率が政令指定都市で1位だったが、老年人口の増加人数(8275人)は年少人口の8倍以上である。

 「増減数」を基準にしたランキング(TOP50)も掲載している。1位は鹿児島市(増減数3685人)、2位は大分市(同3079人)、3位は八王子市(同2849人)だった。いずれも、総人口10万人を超える自治体だ。老年人口の増減数TOP50に人口10万人未満の自治体は1つも入っていない。

 2018年1月1日時点の日本の老年人口は3479万3745人で、対前年では52万762人増加した。老年人口が増えた自治体は、1896団体(政令指定都市は行政区単位で数えた)のうち1612団体だった。

老年人口増減率ランキング2018 全国TOP50
順位
(総人口増減率
全国順位)
市区町村
(都道府県)
老年人口
(2018住基)
増減率増減数総人口
(2018住基)
1(5)青ヶ島村(東京都)268.332166
2(17)印西市(千葉県)21,3485.401,09399,286
3(32)豊見城市(沖縄県)11,1465.0753863,980
4(1464)東村(沖縄県)5855.03281,804
5(10)中城村(沖縄県)3,8134.9518020,755
6(463)利府町(宮城県)7,7574.9036236,250
7(87)守谷市(茨城県)14,3074.8165766,922
8(328)富谷市(宮城県)9,8844.8045352,635
9(23)新宮町(福岡県)5,5754.6925032,564
10(571)三田市(兵庫県)25,5964.551,113113,473
11(355)西原町(沖縄県)6,8524.5329735,194
12(98)南城市(沖縄県)10,5274.5145443,669
13(1057)栄町(千葉県)7,2154.4931021,038
14(26)与那原町(沖縄県)3,6794.4915819,587
15(490)渡嘉敷村(沖縄県)1634.497701
16(654)玉村町(群馬県)8,4824.4235936,648
17(40)南風原町(沖縄県)6,5664.2426738,580
18(397)浦添市(沖縄県)21,0594.08826114,372
19(1793)広野町(福島県)1,4444.03564,899
20(310)石垣市(沖縄県)10,0384.0338949,392
21(480)釧路町(北海道)5,3024.0220519,946
22(43)八重瀬町(沖縄県)6,1964.0123930,949
23(376)読谷村(沖縄県)8,2884.0031941,444
24(120)糸満市(沖縄県)12,0613.9846261,398
25(496)野木町(栃木県)7,4813.9228225,735
26(1143)黒滝村(奈良県)3753.8814737
27(432)大衡村(宮城県)1,6613.88625,875
28(242)札幌市手稲区(北海道)41,0593.811,506142,108
29(41)木津川市(京都府)18,0813.7565376,300
30(217)矢巾町(岩手県)6,6873.7123927,372
31(319)宜野湾市(沖縄県)17,8243.7163798,377
32(504)滝沢市(岩手県)12,8553.7045955,152
33(102)袖ケ浦市(千葉県)16,3803.6758062,897
34(464)上里町(埼玉県)7,9503.6628131,227
35(570)札幌市清田区(北海道)31,1043.661,099114,934
36(302)富里市(千葉県)13,0223.6545950,258
37(611)仙台市泉区(宮城県)53,3983.641,877214,890
38(2)御蔵島村(東京都)573.642320
39(405)西郷村(福島県)4,6063.6216120,116
40(842)猪名川町(兵庫県)8,5463.6129831,494
41(773)神戸市西区(兵庫県)60,8893.602,117245,177
42(1235)階上町(青森県)4,0263.5813913,719
43(248)筑紫野市(福岡県)24,9853.56859103,731
44(374)岩出市(和歌山県)11,8243.5640653,955
45(154)忍野村(山梨県)1,7223.55599,566
46(646)恩納村(沖縄県)2,4813.558510,937
47(34)長久手市(愛知県)9,2853.5131557,394
48(147)白井市(千葉県)15,8113.5153663,790
49(27)北中城村(沖縄県)3,6243.4812217,110
50(959)玉川村(福島県)1,9913.48676,857

年齢区分別の人口増減率ランキング2018 表の見方とランキング算出方法

  • 表の見方
    • 人口(2018住基)
      • 「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数(2018年1月1日現在)」及び「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数(2017年1月1日現在)」(ともに総務省)より。表データはすべてこのデータに基づく。
    • 年齢区分
      • 年少人口(15歳未満)
      • 生産年齢人口(15歳以上65歳未満)
      • 老年人口(65歳以上)
    • 増減率
      • (2018年1月1日時点の人口数-2017年1月1日時点の人口数)÷2017年1月1日時点の人口数×100
    • 増減数
      • 2018年1月1日時点の人口数-2017年1月1日時点の人口数
  • ランキング算出方法
    • 「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数(2018年1月1日現在)」(総務省)の人口増減率を「人口増減率」としてランキング化。政令指定都市は行政区単位で集計した。政令指定都市については、別途参考ランキングを掲載。

<関連ランキング>

ランキングINDEXに戻る