京都市が民間と連携して継続的に整備を進めてきた梅小路公園。2012年の民間事業者による水族館開業などによって、来園者数の伸びに弾みがついた。さらに16年の鉄道博物館開業や19年のJR西日本の新駅誕生に向け、沿道の環境を改善する民間主導のプロジェクトも始動。地域の整備に拍車がかかる。

公園内にある京都水族館(写真:編集部)
[画像のクリックで拡大表示]
梅小路公園の配置図(資料:京都市)
[画像のクリックで拡大表示]

 京都駅から西へ徒歩約15分、JRの線路に隣接する都市公園、梅小路公園には年間470万人が訪れる。特に2010年度以降の伸びが2.8倍と著しい。12年3月にオリックス不動産が事業者となって京都水族館を開業したことや、14年3月に市が「市電ひろば」など2つの広場を新設したことなどによる効果だ。

 市が民間との連携による梅小路公園の整備方針を表明したのは2009年。市に対してオリックス不動産と西日本旅客鉄道からそれぞれ、水族館と鉄道博物館をつくりたいとの提案があり、それらを受けたものだった。施設整備に着手するに当たって市は、(1)両施設の導入によって見込まれる観光客を周辺地域へ誘引して地域全体を活性化する、(2)総合公園としてだけでなく地域の身近な公園として住民参加や市民活動によってにぎわう交流の場を創出する――などのテーマを設定。各施設では、民間事業者が建設・運営を行い、市に対して土地使用料を支払う方式を採用した。

 一足早く2012年3月に開業した京都水族館には、市内だけでなく、広く近畿圏から学校の授業の一環として多くの子供たちが訪れているという。「民間事業者ならではの、柔軟な料金割引も含めた積極的な営業が奏功しているようだ」と、京都市みどり政策推進室の岩田貴子・公園管理課長はみている。

 また、岩田課長が高く評価しているのが、水族館の無料ゾーンに事業者が設置したトイレだ。市が公衆便所を設置する場合、和式便器でトイレットペーパーは置かないのがルール。授乳施設もないし、車いす対応も一部に限られている。水族館に設けられたトイレは温水洗浄便座付きの洋式便器であるうえ、これらすべてを装備している。「市ではつくれない水準の公衆トイレを提供してくれて、ありがたい」(岩田課長)

水族館の周辺で思い思いの時を過ごす来園者たち(写真:編集部)
[画像のクリックで拡大表示]
水族館の無料ゾーンにある公衆トイレ(写真:編集部)
[画像のクリックで拡大表示]