ワークショップで市民の意見を取り入れた公園づくり――。今どき珍しくもない話だと思うかもしれない。しかし、オープン予定の2021年まで、ワークショップで市民の意見を取り入れ続けながら完成させる公園、となると話は別だろう。富山県氷見市の「朝日山公園整備コミュニティデザイン業務」(※1)を受託し、そんな公園づくりに取り組む神戸大准教授の槻橋修氏に話を聞いた。

[画像のクリックで拡大表示]
槻橋准教授。手前は公園の模型(写真:宮田 昌彦)

――新朝日山公園(仮称)(※2)のオープン予定は2021年。ずいぶん先ですね。

 予算の枠組みもあってそうなっているんですが、原っぱを少しずつ改造していって完成させます。その結果として「この公園、見てよ」と自慢ができて、市外から来たお客さんからは「すてきだね、かっこいいね」と言ってもらえるような場所にしたいですね。住民参加をそんな成功体験に結び付けていくことが、僕らの仕事だと思っています。

 全体が完成するのはかなり先ですが、2~3年に一度はエリアごとに“オープン”を繰り返して盛り上げていきます。部分オープンという目標のために毎年ワークショップをやって、新しく活躍しそうな若い人が出てくれば、その人を盛り立てながら進めていこうと考えています。

 これからは、2020年の東京オリンピックに関連して文化イベントの企画が出てきたりもするでしょう。例えばそうした機会が訪れたときに、いつでも準備ができているようにしたいですね。何かをするとなったときには、すぐに「これをやりたい」「この公園を使ってやったら面白いんじゃないか」と皆が思い浮かべるようになっていたらいいなと思います。

※1 朝日山公園整備コミュニティデザイン業務

新朝日山公園(仮称)は、氷見高校の北西側に隣接する約7ヘクタールの場所に、社会資本総合整備計画として総事業費約13億円を掛けて新しく整備するもの。これまで、約9億円をかけて四阿や駐車場、園路などを整備してきた。

「朝日山公園整備コミュニティデザイン業務」では、地域の活性化と街の魅力づくりの中心として新朝日山公園(仮称)を位置付け、日常生活の公園に対するニーズにマッチした個性的な公園空間を創出するため、住民みずからが自分対のやりたい企画やイベントを公園で実施し、それに興味を持った住民が参加し、持続的に楽しめる公園にするためにコミュニティデザインを行う。2014年度はワークショップを9回実施、基本構想を取りまとめた。2015年度は、この基本構想方針案をもとに、3つに分けたエリアの使い方や、公園の運営について検討するともに、将来の拠点となる休憩所とトイレを整備する予定。フェイスブック「氷見の朝日山公園」で情報発信している。

●朝日山公園整備コミュニティデザイン業務 受託者
槻橋修(神戸大学院工学研究科 准教授) + 福岡考則(神戸大学院工学研究科 特命准教授) + 松田法子(京都府立大学大学院環境科学研究科 専任講師) + ティーハウス建築設計事務所 + Fd Landscape + 神戸大学槻橋研究室 / 京都府立大学松田研究室 (現時点での契約は2015年度末まで)

基本構想では、地形に合わせて公園を3つのゾーンに整理した(資料:氷見市)
[画像のクリックで拡大表示]
3段階に分けて整備し、全体のオープンは2021年を予定(資料:氷見市)
[画像のクリックで拡大表示]
上の写真は市民報告会(2015年3月)の様子。向かって右端は本川裕治郎市長。右の画像はワークショップの案内チラシ。ハートマーク部分が新朝日山公園の場所。中心市街地や富山湾を一望できる丘の上に位置する。「フレンズ・オブ・朝日山」は活動母体の呼称(写真・資料:氷見市)
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

※2 新朝日山公園(仮称) 氷見市には、従来から「朝日山公園」と名付けられた公園が別に存在するため、今回開発する公園を新朝日山公園と呼ぶ。本文中の「朝日山公園」「朝日山」はすべて、新朝日山公園(仮称)を指す。