Smart Nation Singaporeのウェブサイト

 シンガポールのLee Hsien Loong首相は2014年8月、スマートシティ構想「Smart Nation Singapore」を発表した。IoT(Internet of Things:モノのインターネット)やAI(人工知能)などの新技術を活用して、モビリティから住環境、ヘルスケアサービス、スマートハウス、エネルギー、環境保護、公的サービスといった市民生活にかかわるあらゆるサービスを対象とする広範なプロジェクトである。

 2015年4月には同プロジェクトを管轄する政府組織として、Smart Nation Program Officeを新設し、関係する政府機関が参加して支援する、国を挙げたプロジェクトである。モビリティ分野では、交通省(Ministry of Transport)、LTA(Land Transport Authority:陸上交通局)、PTC(Public Transport Council:公共交通協議会)などの政府機関や各種公共交通機関、空港、港湾部門の組織などが参加している。

オンデマンド型自動運転シャトルバスの運行を開始

 シンガポールは都市国家で土地に限界があり、土地の12%が道路や交通インフラに使われている。人口の増加と共に100万台以上の乗り物が国内に導入され、渋滞や環境負荷の増大が問題になっており、政府はモビリティシステムの効率化に力を入れている。シンガポール全土で、自動運転車や複数の交通機関を連携させるマルチモーダルを可能にするアプリケーションなど、さまざまな新モビリティの実証を実施。国全体を実験場にすることで、海外インフラ輸出につなげる狙いもある。

図1 Smartオンデマンド型のシャトルバスサービス「Beeline」(出所:LTA)

 その一つが、LTAが2015年8月に、ワンノース地区などで運行を始めたオンデマンド型のシャトルバスサービス「Beeline」である(図1)。利用者は、スマートフォンのアプリケーションを使って、地図上で運用地域内にある目的地のバス停までの座席を乗車の1カ月前から5分前まで予約できる。運賃はタクシーよりも安価に設定されている。

 アプリケーションの地図上で、バスの運行状況をチェックすることも可能だ。運用を始めて以来、23路線で、月間3800以上のリクエストを受け付けた。確実に座席を確保できる点が好評なことから、運行地域の拡大とバス運用会社のサービスの拡充を計画している。

 LTAの狙いは、住宅地から駅までのラストワンマイルの交通手段や、工業団地など公共交通の輸送網から外れた地域で公共交通を補完することで、自家用車の利用を減らして、交通渋滞と環境負荷を低減することである。