ドバイ警察はドローン搭載の自動運転パトカーを導入

 ドバイ警察は2017年6月、ドローンを搭載した自動運転車「O-R3」をパトカーとして導入すると発表した(図4)。同車両は、シンガポールのスタートアップOTSAW Digitalが開発したもので、全長120cm、幅60cmと超小型で、時速15kmと低速である。

図4 自動運転パトカー「O-R3」。カメラやレーザースキャナーで100m先の物体を検知でき、容疑者を追跡できる(出所:RTA)
[画像のクリックで拡大表示]

 自動運転パトカーには、高精細カメラや赤外線画像装置、レーザースキャナー、光検出測定装置などを搭載しており、100m先の物体も認識可能で、容疑者を検知したら、追跡する。車両が入れない路地や自動車で逃走した場合には、ドローンを飛ばしてさらに追跡する仕組みである。

 警察署のコントロールルームから遠隔で操作、監視でき、通行人の顔認識も可能。指名手配犯を検知した際には、追跡と共に情報が送られ、場合によっては実際の警察官が出動する。街中の不審物や持ち主不明の荷物などを検知した場合にも、情報をコントロールルームに送ることで、素早い対処が可能になる。

 ドバイ警察は2017年に自動運転車を1台試験的に導入したが、2020年までに100台導入する計画という。ドバイ警察は2017年6月からロボット警察「ロボコップ」も導入しており、2030年までにドバイ警察の仕事のうち、パトロールや道案内といった警察の定型業務はロボットや自動運転パトカーに置き換えていき、警察業務の25%を自動化する計画という。