図1 ヴェステロース市の全景(夜景)。電力や地域熱・冷房供給、上下水道などのインフラを同市所有のMälarenergiが供給している(出所:Mälarenergi)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 ヴェステロース市のメーラレン湖畔の風景(撮影:日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ)
[画像のクリックで拡大表示]

 スウェーデンの首都ストックホルムから西に約100km、風光明媚なメーラレン湖に面したヴェステロース市(図1、図2)が、スマートシティ化に向けたプロジェクトを本格化している。まず、地域熱供給システムのスマート化に取り組み、新システムを2019年1月から稼働。今後、上下水道やエネルギーなどのインフラ分野まで広げる考えだ。

 ヴェステロース市は、人口約12万人のスウェーデン第5の中堅都市である。同市が保有する地域ユーティリティー会社のMälarenergiがスマートシティプロジェクトの中心的存在である。同社は、同市および周辺地域に居住する住民とC&I(商業・工業施設)約15万件に、電力、地域熱(冷)供給、上下水道、ブロードバンドといったインフラサービスを提供している。150年もの歴史を持つ典型的な地域に根差した公益サービス企業で、従業員は750人、売上高は約3億3000万ユーロである。

 ヴェステロース市は、レジリエンス性が高く環境負荷が低い都市計画を進め、欧州を代表するスマートシティになる目標を掲げている。インフラを運用するMälarenergiは、そのための重要な役割を果たすことになった。

多岐にわたるインフラシステムを統合管理へ

 Mälarenergiは2014年からスマートシティ化の検討をスタートし、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)やクラウドなどのデジタル分野のシステム開発を重点テーマとした。これは、スマートシティを目指すうえで、エネルギーや上下水道など多岐にわたるインフラを管理するシステムを個々に導入して複雑性が増しているという問題を解決するためだ。

 そこで、「デジタル技術を駆使してこれらを統合化し、効率的に運用することを目指した」と同社の担当者は語る。こうして、今まで個別に管理していたインフラシステムのオペレーションを一元化するコントロールルームを構築し、運営コストを削減する目標を立てた。

 Mälarenergiは、IoT分野のシステム構築で実績のあるスイスABBと提携することにし、2017年からスマートシティ向けソリューション「ABB Ability Collaborative Operations」の導入を進めた。クラウドは、ABBと提携関係にある米Microsoftの「Azure」を採用した。実はABBの前身会社の一つであるASEAは、ヴェステロース市に本社を置いていた電気機器メーカーで、ABBは現在でも同市に拠点を置いている。同じ市に属する企業として両社は歴史的に深いつながりがあり、実際ABBはこれまでもMälarenergi向けに数多くのシステムを納入してきた。

 このため、同じ市の企業市民として、未来の社会はどうあるべきかを一緒に議論できるパートナーとして共同開発を進めたという。また、エネルギーや水などライフラインに関わるユーティリティー会社には高いセキュリティーが求められるため、ABBとMicrosoftのソリューションが持つ高い信頼性が重要だったとしている。