第36回 スウェーデン・ヴェステロース市――地域熱供給システムをスマート化

図3 Malarenergiが2020年中の稼働を目指して建設中の「Block7」。家庭からのごみとバイオマスを燃料とし、生産した熱水を地域熱供給システムに流している。稼働時には、同社の熱供給のほぼ100%が再生可能エネルギー由来となる(出所:Mälarenergi)