結果発表! まちのチカラを引き出したPPPアワード 2020

『まちのチカラを引き出したPPPアワード 2020』結果発表

「まちのチカラを引き出したPPPアワード 2020(まちからアワード2020)」は、公民連携事業の質的向上を図るほか、中小規模の地方自治体におけるPPP導入検討、民間事業者の参入を促すことを目的に、人口20万人未満の自治体における「健康・福祉」「賑わいづくり」「SDGs」の3テーマに関する公民連携の事業について、それぞれの先進的な取り組みを表彰するものです。各テーマで受賞した取り組みは以下の通りです。


健康・福祉賞

社会福祉法人との連携による「我が事・丸ごと」の地域づくり(愛媛県宇和島市)

拠点となった施設「もみの木」の外観と内観(写真提供:宇和島市)

にぎわいづくり賞

須賀川市民交流センター整備事業(福島県須賀川市)

須賀川市民交流センター tetteの外観と内観(写真提供:須賀川市)

西条市版SIBつながり広がるチャレンジ応援事業(愛媛県西条市)

西条市版SIBの事業スキーム(資料提供:西条市)

*「健康・福祉賞」「賑わいづくり賞」「SDGs賞」各賞の取り組み概要は、
ニュースリリースをご参照ください。

【入賞】
まちからアワードの有効応募数は25件でした。審査の結果、それぞれ先進的な取り組みであると認められることから、全応募事業を「入賞」として表彰いたします。