国の「SDGs未来都市」に選定された自治体の1つである静岡市は、SDGsへの市民の関心を高めるために、講演会やファッションショーなどの「SDGs Week in SHIZUOKA」(1月3~12日)を開催した。同市は、地元企業や市民向けに「公民連携推進に向けた説明会」を開催するなど、公民連携にも積極的だ。田辺信宏市長にSDGs Weekの取り組みの狙いや公民連携の考え方について聞いた。

静岡市の田辺信宏市長(写真:廣瀬貴礼=人物は以下同)
[画像のクリックで拡大表示]

――なぜ静岡市では、SDGs未来都市を目指しているのでしょうか。

 そもそも8年前の市長就任時から「日本全体が成長拡大の時代から成熟・持続可能の時代になる」との認識がありました。人々があくせく生きる東京のような大都会ではなく、我々のような地方都市こそが、日本の中で最もQuality of Life(QOL、生活の質)を追求でき、本当の意味でのワークライフバランスが取れた生き方ができる都市環境なのではないか――そう考えたのがきっかけです。

 静岡市は首都圏からも近く、温暖な気候の中、自然環境に恵まれています。今日みたいに冬の寒さの中でも日光が燦々と降り注いでいるでしょう? 加えて人口70万人を擁する政令指定都市でもあります。静岡市なら、自分らしく人生を謳歌できるはずなんです。

30年来の思いが“SDGsのまちづくり”に結実

――参考にされたまちづくりなどはありますか。

 今から30年以上前、私は英国・ブライトンの大学院に留学しました。ロンドンから1時間ほど、海岸沿いの観光都市です。そこで2年間を過ごしましたが、ブライトンは非常に市民のQOLが高く、ゆとりのある生活を満喫できました。

 いたるところでユニバーサルデザインが整っていて、障害者であってもまちに出やすい環境になっている。低床バスだったりスロープが整備されていたりと、車イスの人たちが日常に溶け込んでいる姿に感銘を受けました。今でこそ日本でも当たり前の光景ですが、あの頃の日本はハートビル法すらない時代ですから驚きましたね。