佐賀県では、ここ数年IT企業の集積が進んでいる。これには、トップである山口祥義知事自らがIT企業の誘致を積極化したいという意向を持つことが大きく関連している。山口知事は佐賀県をどのような方向に導きたいのか。

佐賀県知事の山口祥義氏(写真:菅敏一)

――IT企業を集積するために各種政策を実践されています。そのように最新技術を積極的に導入されようとする考えの根本的なものを教えていただけますか?

 近年、AI(人工知能)やIoT(インターネット・オブ・シングズ)、5Gなど、科学技術が急速に進展し、私たちの身近な暮らしにも変化をもたらしています。さらには、DX(デジタルトランスフォーメーション)も加速してきました。そうした流れの中で、私が考えているのは、“DX脳”です。

 “DX脳”とは、新しいサービスや新しいこと、新しい仕掛けをまず想像し、これを世の中にどのように組み入れていくか構想し、そして実際に創造していく力をこのように呼んでいます。

 例えば、通信手段では、固定電話から携帯電話が普及し、そして、今ではスマートフォンが主流となっているように、同じ用途のものが技術によって、形を変えて発展していくのがわかります。今の世の中で動いていることの中には、かつて、「こんなことが実現できるんだろうか」と、人々の想像力を超えたところにあったものも少なくないでしょう。

 このように、時代の先を見据え、新たなものや価値を創造する“DX脳”を持っている人材は、まだ、それほど多くはないと思います。だからこそ、私は、こうした今までの常識を超えた発想ができる人たちがアイデアを出したり、お互いが意見を言い合ったりできるような、まず場づくりを佐賀でやりたいと考えています。

――“DX脳”というと、具体的にはどんなことを発想できることなのでしょう。

 たとえば、コロナ禍の中で社会実験として佐賀県が実施した「SAGAナイトテラスチャレンジ」(関連記事)もそうかもしれません。コロナ禍にあって、商店街は人出が少なくなったり、時短営業したりするなど、大きな影響が生じていました。これまで県では、「道路には、お店を出してはいけない」ということを警察と一緒になって指導してきました。ところがコロナ禍では、店の中よりもむしろ店先で食事をした方が3密を避けられます。こうしたことから、これまでとはまったく違う発想をして、歩道や駐車場を活用し、飲食店がオープンテラスを運営する「SAGAナイトテラスチャレンジ」を実施することで、まちの活性化を図ったのです。

「SAGAナイトテラスチャレンジ」の様子(2020年5月)。秋には「モバイルオー ダーシステム」の実証実験も行った(写真提供:佐賀県)
[画像のクリックで拡大表示]

 こうした発想が出てくれば、県庁の職員の中でも「みんなでまちを盛り上げていこう」という機運が高まり、飲食店を誘うようになる。「やるんだったら、警察への許可は僕らがまとめて取るよ」などと、県庁内が横につながりながら、まちを盛り上げていったのです。

――“DX脳”を持った人が先鞭をつけてくれるというのが大事だというわけですね。

 イメージをつくってくれれば、あとのシステムにつなげる部分というのは、技術者などいろいろな人がやってくれると思います。問題は巨大な白い空間の中に、“DX脳”のある人が概念をつくれるかどうかにかかっているんじゃないかと僕は思っています。ただ、簡単には“DX脳”というのは育たない。だから、みんなでお互いに意見交換をしているうちに、アイデアが生まれ、その輪が広がっていく、そんな形にしたいと思っているんです。佐賀県はそういう場をいっぱいつくって、どんどんチャレンジしたいと考えています。