「Beyond Health」2021年3月19日付の記事より

2019年、山梨県知事に就任した長崎幸太郎氏。翌年には新型コロナウイルスの蔓延を受け、様々な施策を打ち出し問題解決に尽力してきた(関連記事:首都圏直結の山梨県がなぜコロナ封じ込みに成功したのか)。しかし、長崎氏の実現したいこと、実現せねばならないことはこれだけではもちろんない。大きく掲げるのが、高齢者福祉についての問題だ。長崎氏は「介護待機者ゼロ」のスローガンを打ち立てた。背景にある思いを聞いた。

山梨県知事の長崎幸太郎氏。山梨県庁にある旧知事室にて(写真:吉成 大輔、以下同)
山梨県知事の長崎幸太郎氏。山梨県庁にある旧知事室にて(写真:吉成 大輔、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]

介護待機者ゼロ

 長崎幸太郎氏は、2019年に山梨県知事選に当選した。前職は山梨第2区から選出の衆議院議員だ。選挙は総力戦だ。家族も一丸となって戦う。前年の18年の後半から、本戦に向けて急ピッチで準備が始まっていた。そんなとき、東京に住む父親が倒れた──。

 「2018年の11月。ちょうど選挙対策本部を立ち上げた時期でした。もともとガンを患っていた父が、急激に体力を落として自宅で倒れ、緊急入院になってしまったのです。病気もあるので、入院さえしておけばまずは安心だったのですが、年が明けたころに本人が『自宅で過ごしたい』と訴え始めた」(長崎氏、以下「」内は全て長崎氏)

 もちろん重病ではあるが、倒れた当時に比べれば症状は安定していた。病院側も「本人の希望もあるから」ということで、退院を認めたのだった。

 「ところが私は選挙で大忙しです。妻もこちらにかかりきり。私には兄弟がありませんから、東京の家には病気を抱えた父と母の2人しかいないという状況です。幸い母がしっかりしているのでなんとかなるかと思っていたのですが、やっぱり難しかった……

 ある日の深夜、トイレに行きたくなった父親が病気で弱った体をベッドの上にどうにか起こして立ち上がり、トイレに向かったのです。ところが、途中で転んでしまった。しかし耳が遠い母はそれに気づかない。父は自宅の廊下に倒れたまま朝まで過ごさなければならなかったのです」

[画像のクリックで拡大表示]

 長崎氏の父親は夜中に眠っている妻を起こすのはしのびないと考え、ひとりでトイレまで行こうとしたのだろう。加齢や病気で体力が低下すると、ベッドの上に体を起こして立ち上がることはできても、歩行がうまくいかず、転倒するのはよくあることだ。さらに、長崎氏の父親はそこで力尽き、床に横臥の状態から起き上がることができなかった。

 こうした事態が起こらないよう、特別養護老人ホーム(以下特養)などの介護施設では、夜中にも一定数のスタッフが配置されており、見回りを欠かさない。