* 肩書きは取材時のもの。現在の酒井氏の肩書は丹波篠山市長

2019年5月1日、「平成」から「令和」へと改元されるタイミングで、兵庫県の「篠山市」が「丹波篠山市」に市名変更される。なぜ、市町村合併もないのに改名する必要があったのか。その賛否を問うために住民投票を行い、さらに1億円規模のコストをかけてまで「丹波篠山市」に変更したかった理由とは何か。篠山市の酒井隆明市長に話を聞いた。

篠山市の酒井隆明市長(写真:水野浩志)

――2018年11月、人口およそ42000人の兵庫県篠山市で、「篠山市」から「丹波篠山市」への市名変更の是非を問う篠山市長の出直し選挙と住民投票が同時に行われました。結果、酒井市長が市名変更反対派の対抗馬に1万票以上の差をつけて当選し、住民投票も賛成票が過半数をとって、5月1日に「篠山市」から「丹波篠山市」へ改名することが決まりました。そもそも、市町村が合併したわけでもないのに、なぜ「篠山市」から「丹波篠山市」に市名を変更することになったのですか。

 自治体の名前は篠山市ですが、もともと、ここは丹波篠山なんです。歴史上、「丹波」の国の中の「篠山」ですから、私たちは「丹波篠山」という名前を使ってきました。

 1999年、篠山町・今田町・丹南町・西紀町の4つの町の合併が行われ、一番大きな「篠山町」の名前をそのまま市の名前にした。「『丹波篠山』にしなくても『丹波』といえば『篠山』やんかえ」ということで「わざわざつけんでもよい」というのが、ほとんどの方の意見でした。

――「篠山市」になってから20年後、わざわざ「丹波篠山市」に市名変更することになったのですか。

 大きなきっかけは2004年、お隣りに市町村合併で丹波市ができたことです。もともと(合併した6町が)「氷上郡」だったので、どう考えても「氷上市」になると思っていた。私らもそう思っていましたし、当の市民の方も圧倒的にみんな「氷上市」だと思っていたんですが、合併をリードされた方々が「やっぱり『氷上』という名前では通用しない」と思ったようです。「氷上」だと、どこにあるか分からない。だから「丹波」という名前にした。

篠山市の位置。2004年に隣接して丹波市が誕生したことで「丹波篠山」という名称を強く意識するようになった(農林水産省の資料を一部加工)

――お隣りに「丹波市」ができると、篠山市にとって何が問題になるのですか。

 向こうは、「丹波市では」とか「丹波市の何々」とは言っていない。みんな「丹波の」と「市」をつけない。一番典型的なのは「丹波の黒豆」ですね。(全国的にも名の知れた名産品の)「丹波の黒豆」は、圧倒的に私のところなんです。生産量も、作付面積も、向こうの5倍です。ところが、向こうは「丹波の黒豆」ということで売っている。そうしたら、知らない人は「あ、丹波の黒豆は丹波市のものか」と思ってしまう。

 それ以外にも、たくさんあります。丹波焼き、丹波茶……これらが、みんな丹波市のものだと誤解されることが増えてきた。これでは、みんな持っていかれてしまいます。

――長い歳月で築き上げてきた「丹波篠山」ブランドの「丹波」のイメージが混乱して、篠山市の名産品の売り上げに影響し始めた、と。

 一番大きいのが、長年築かれてきた「丹波篠山」というブランドがなくなっていくことです。ずっと「丹波篠山産」という表示を使っていたのですが、兵庫県の方から「『丹波篠山』というのがどこを指すのか曖昧になってきたので、『丹波篠山産』という産地表示を差し控えるように」という指導がきました。「『丹波篠山』って言うたら『篠山』のこととちゃうやろ。丹波市と一緒になってきとるんでしょ?」と。

 では、どうしたらよいのかと尋ねたら「『篠山市産』と表示してくれ」と。でも、「篠山市産」では売れません。

――経済的な問題のほかにも、何か不具合はあったのですか。

 やっぱり“誇り”ですね。丹波はうちが本家のつもりですから。

 テレビで「丹波の黒豆の収穫が始まりました」と言っているから、うちのことだと思って見てみると、丹羽市が映っている。テレビや雑誌で「丹波・篠山」と出したら「丹波の篠山」じゃなくて「丹波と篠山」になる。典型的なのはNHKの兵庫県ローカルの天気予報。7時前のみんなが見る天気予報で「丹波・篠山」と書いて「丹波・篠山の明日の天気は……」っていうんです。

 「(丹波篠山は)丹波市と篠山市」という混乱が広がるにつれて、うちこそ「丹波篠山」とした方がよいという考えが出てきた。今回の改名の一番のきっかけになったのが、2017年2月、丹波ささやま農業協同組合、篠山市商工会、丹波篠山観光協会から「市の名前を『丹波篠山市』にしてくれ」という要望が出てきたことでした。

――その要望を受け取ったとき、酒井市長はどう思われましたか。

 私自身も「これは変えた方がいい」という気はずっとしていましたので、この要望を受けて、議論を始めよう、と。

経済効果は52億円、それでも市民は2つに割れた

(写真:水野浩志)

――つまり、「篠山市」から「丹波篠山市」への市名変更の取り組み自体が、市と市の基幹産業である農業、商工、観光の民間団体の公民連携によって始まったわけですね。実際、議論はどのように進められたのでしょうか。

 要望を受けて「こういった問題が出てきますよ」と市民に提案しました。すると、市民の間では意見が真っ二つに分かれた。「それは早う変えなあかん」という人と「今の名前で不自由してませんから」「『篠山市』に愛着がある」という人、いろんな意見が出た。これでは前に進まないということで、議論の材料とするために調査しました。

――どんな調査をしたのですか。

 調査は市の職員のプロジェクトでしたが、経済効果などいろいろな指摘があり、なかなか職員だけではできませんので、2017年末に北九州市のコンサルティング会社「日本統計センター」に頼みました。「篠山」と「丹波篠山」のブランドを比較したら、全国的には圧倒的に「丹波篠山」が知られている。その方が観光やいろんな産物のブランドの価値があるというのがわかりました。

 2018年3月末で調査が終わり、同年4月に(「篠山市」から「丹波篠山市」に市名変更すると)経済効果が約52億円*という調査結果を発表しました。これをもとに「それやったら(市名変更の議論を)前へ進めようか」と。

* 混乱状態が続いた場合の丹波篠山ブランド喪失による損失と、市名変更に伴い定着する丹波篠山イメージによる観光誘客などの新たな経済効果の合計額。篠山市が2018年4月に発表した「市名変更に係る調査報告書」による。

――市名変更で地域経済に52億円ものプラスの影響があると説明して回っても、なぜ、すんなりとはいかず、その是非を問うための市長の出直し選挙と住民投票が必要だったのでしょうか。

 住民投票まで行ったというのは、非常に大きいことです。何かあったとき、住民が自分で決められるのは、一番大事なことですから。私はもともと市民の声をできるだけ聞いて市政に反映させるスタンスでしたので、常設型の住民投票条例をつくっておいた。2013年12月に制定して、14年度から施行。兵庫県下で一番早かった。

 (市名変更に関しては)200カ所以上で説明会を開催して議論を尽くしましたし、最初は難しかった議会もどんどん賛成が多くなり、「これで(市名変更は)できるだろう」と思っていたら、賛否を問う住民投票の署名活動が始まったんです。署名は1万以上集まって、住民投票が実施されることになりました。

――住民投票になると、市名変更が反対多数で却下される可能性もあったわけですね。

 私が心配したのは(却下されることではなく)「署名は集まったけれども、住民投票になったとき、投票に行ってもらえるか」ということです。有権者の5分の1の署名が集まれば住民投票はできるけれども、実際に住民投票になったら、みんな(有権者の半数)が行かないと成立しない。一般的に署名の数より投票の数は少ないので、非常に成立は難しい。実際、各地で行われた住民投票でも、成立しないことも少なくありません。

 だから、私は辞職して選挙をしたんです。市長選挙と併せてやれば(投票率が)50%はいくだろう、と。

――つまり、住民投票の実施は決まったものの、成立条件は投票率50%以上が必要なので、投票率を上げるために市長の出直し選挙も同時に行うことにした、と。

 マスコミに非常に取り上げていただいたおかげで、市民の関心も高くなって、思っていた以上に投票率が高くなった。今回は成立したからよかったんですけれど、もし成立しなかったら、いつまでもこの市名変更の問題はくすぶっていたでしょう。

――酒井市長の「投票率を上げたい」という考えどおり、住民投票の投票率は69.79%と非常に高くなりました。ただし、「市名変更」の是非の結果は「有権者数3万5000人のうち、賛成1万3646票(56.5%)、反対1万518票(43.5%)」と非常に僅差になりました。反対に票を投じたのは、どのような意見の人たちだったのでしょうか。

(市名変更によって生じる)「余分な金を使うな」という意見が多くありました*。

 そのほか、昔の「丹波篠山」といえば「田舎」の代名詞、遅れたところのイメージを持っている人もいます。「なんでわざわざ『丹波』をつけて、古臭いイメージにせないかんのや」って。昔からの地元の人には、そういう人が多い。

 あと、篠山は大阪まで1時間です。駅周辺には(ほかの地域から移り住んで来た)新しい市民が相当数います。そういう方の中には「別に『篠山』でも『丹波篠山』でもどっちでもええ、ややこしいことはやめてくれ」という意見も相当数あったと思います。

* 市名変更に伴い、現在、住民基本台帳などの書類等を変更する諸々の経費として6550万円、加えて、市名変更を祝う取り組みなどPRとなる市民活動の経費の補助金等が約2000万円、企業や各種団体の住所変更に伴う書類や看板の書き変え等の諸々の経費のための補助金が約2000万円、合わせて1億円余りが「市名変更関係事業費」として予算化されている。

――地元で生まれ育った年配の方々は「丹波篠山」に田舎臭いイメージがあったから市名変更に反対、この20年間で移り住んで来た比較的若い世代は「篠山市」に愛着があり、「丹波篠山」に変えるメリットが感じられないから改名に反対ということで、ここまで住民投票の賛否が割れてしまった、と。

 私も票を開けてびっくりしましたけど、あんなに(反対票が)あるとは思っていなかったんです。

“民”の力で「丹波篠山市」を住みよい街に

――賛否が二つに割れてしまっての市名変更となりましたが、2019年5月1日に「丹波篠山市」になってからは、どんな市政の取り組みを考えていますか。

 2019年度の1年をかけてブランド戦略を立て、丹波篠山にはどういう良いところがあるのか、どういうふうに伸ばしていくのか、さらにPRできるようにしたいと思っています。

――具体的にはどのような部分をPRしていきますか?

 一番基幹的な産業は農業で、2009年に「農都宣言」をしています。ずっと昔から農業中心に生活を営んできて、街並みも文化も景観もそれを中心としてやってきているし、全国に誇る特産品があります。これを大事にしていく。

 2015年に始まった文化庁の「日本遺産」*という制度では、最初の年に「丹波篠山 デカンショ節 - 民謡に乗せて歌い継ぐふるさとの記憶」として認定していただきました。同じ年、「ユネスコ創造都市ネットワーク」(注:国際連合教育科学文化機関。文化の多様性を保持し、世界各地の文化産業が潜在的に有する可能性を都市間の戦略的連携で最大限に発揮させるための枠組み)に「クラフト&フォークアート分野」での加盟も決定しました。

* 地域の有形・無形の様々な文化財群や特色に対して、日本の文化・伝統を語るストーリー「日本遺産(Japan Heritage)」として認定し、国内外への魅力発信や地域活性化を支援する事業。

 (取り組みの)方向性としては、丹波篠山の街並み、農村の景観、自然、文化、農業、こういったものを生かして、地域の活性化に結びつけていくことで、間違いないと思っています。

――今後、「丹波篠山市」をどのような街にしていきたいか、お聞かせください。

 「丹波篠山」という名前にふさわしい魅力ある街をつくっていく。それを市民が誇りに思って盛り上げていくとともに、ここで幸せに豊かに暮らすということですね。市民のみなさんが「結局、自分の幸せは丹波篠山にあるんだ」と思えるための条件を整えなければいけない。働くところや、子育ての条件を整えながら「丹波篠山は幸せに暮らしていけるとこや」となれば、みんなに定着してもらえる。そうすれば、これから地方は厳しい時代を迎えますけれども、その中でも生き残っていけるだろう、と。

――そのためにも今回の「篠山市」から「丹波篠山市」への市名変更は必要だったのでしょうか。

 大きな力になるものと思います。市名は、何も市長が決めて変えたんじゃない。市民のみなさんが投票で成立させて決めたんですから、まさに“民の力”で「篠山市制20周年」を機に市名を変えることができた。これは非常に大きい。これから先も、そういう力をみんなで発揮していく必要があると思っています。

酒井隆明(さかい たかあき)
篠山市長
酒井隆明(さかい たかあき) 1954年11月生まれ。1978年、中央大学法学部法律学科 卒業。同年司法試験合格。1981年、弁護士登録。1995年~2007年、兵庫県議会議員。2007年2月篠山市長に就任。4期目。

この記事のURL https://project.nikkeibp.co.jp/atclppp/PPP/433746/041500041/