「Beyond Health」2021年6月15日付の記事より

 2020年春から続くコロナ禍の影響でリモートワークが広がる中、世間が気づき始めたことがある。業務内容にもよるだろうが、勤務地に赴かなくとも、あるいは自宅にいなくても、ネット環境が整ってさえいれば仕事の多くは進むという現実だ。

 そんな状況下で注目を集めているのが、リゾート地や観光地で働きながら休暇を取るワーケーション。宿泊施設のプログラムとして取り入れられたり、行政や民間が手掛ける専用施設が増えたりと、全国的な関心の高さがうかがい知れる。

 そのワーケーションにコロナ禍前から着目し、「信州リゾートテレワーク」として先駆的に取り組みを進めてきたのが長野県。長野ならではの特色と現状について、県知事・阿部守一氏にお話を伺った。

県庁舎からオンラインでインタビューにご協力いただいた、長野県知事・阿部守一氏。「コロナ禍で生き方、働き方を改めて考えた方は多いと思います。都会にすぐに戻れる距離感で、いつもと異なる仕事の場を得られるのが長野県の魅力。 ご自分にとっての第2の故郷を見つけられるかもしれません」。長野県はワーケーション普及のため、和歌山県と連携して2019年に全国組織「ワーケーション自治体協議会(WAJ)」を設立。 2021年5月現在、1道22県161市町村の自治体が加盟している (写真提供:長野県)
県庁舎からオンラインでインタビューにご協力いただいた、長野県知事・阿部守一氏。「コロナ禍で生き方、働き方を改めて考えた方は多いと思います。都会にすぐに戻れる距離感で、いつもと異なる仕事の場を得られるのが長野県の魅力。 ご自分にとっての第2の故郷を見つけられるかもしれません」。長野県はワーケーション普及のため、和歌山県と連携して2019年に全国組織「ワーケーション自治体協議会(WAJ)」を設立。 2021年5月現在、1道22県161市町村の自治体が加盟している (写真提供:長野県)
[画像のクリックで拡大表示]

第1の目的は関係人口の拡大

 「長野県は移住したい都道府県ランキングにおいて、常に上位に数えられる人気を誇っています。一方で首都圏や中京圏からのアクセスが良い上、国立公園5カ所と国定公園4カ所を有するほど全域が雄大な自然に恵まれていますから、観光で訪れる方も多い。我々が『つながり人口』と呼ぶ“関係人口”を増やす手立ての一環として、職場や居住地を離れて豊かな自然に触れて癒やされながら仕事をする新たなライフスタイル、『信州リゾートテレワーク』の提案を2018年度から始めました」

 阿部知事によれば、長野県では県内12カ所をモデル地域として選定し、空き施設などを活用したテレワーク環境の整備や、リゾートテレワークの体験会開催などに取り組む民間事業者を支援。2020年11月には、企業を含め約500件が参加したオンライン・オフラインのハイブリッド型PRイベント「ワーケーションEXPO@信州」を開催するなど、全国に向けた発信も重ねている。

 2021年現在、40カ所以上ものコワークスペース拠点が稼働。宿泊施設の有無、個人か法人向けかなど受け入れ体制はそれぞれ異なるが、いずれもWi-Fiほかビジネス環境は整えられている。休暇を楽しめる恵まれた自然環境があるのも共通しているが、各地域の特色が多彩なのが長野の魅力だと阿部知事は話す。

 「南北で約200キロ。北は豪雪地帯、南はお茶の産地でもあるほど温暖と、地域により気候や風土、文化は異なりますから、休暇の過ごし方の選択肢は広く、仕事はもちろん、オフの部分で楽しんでいただける環境が長野県の場合は非常に整っています」

信州リゾートテレワークの拠点は、長野県内に広く点在(資料提供:長野県)。詳しくは信州リゾートテレワークのサイトをご参照いただきたい<a href="https://shinshu-resorttelework.com/" target="_blank">https://shinshu-resorttelework.com/</a>
信州リゾートテレワークの拠点は、長野県内に広く点在(資料提供:長野県)。詳しくは信州リゾートテレワークのサイトをご参照いただきたいhttps://shinshu-resorttelework.com/
[画像のクリックで拡大表示]