長野県のほぼ中央にある人口約2万人の下諏訪町が、“若者の移住したい町”として注目を集めている。JR下諏訪駅近くの御田町商店街では、移住してきた若者がリノベーションした空き店舗で様々な店や工房を興している(関連記事)。4期14年にわたって町政を執り、少ない予算で住民の自主性を育てる施策を繰り出してきた青木悟町長は、「住民が旅行者や移住者に町の良さをきちんと語れることが必要だ」と語る。

[画像のクリックで拡大表示]
下諏訪町の青木悟町長(写真:佐保 圭=以下同)

――ここ十年近く、下諏訪町に移住する若者が増えていると聞きました。青木町長が誕生してから、どんな変化があったのですか。

 一番変わったのは「住民の意識」だと思います。「この町、面白いよね」「いいとこあるよね」と自信を持ってきています。

 今、人口減少のことを悲観的にとらえる人はいっぱいいるし、人口は多いに越したことはないのかもしれないけれど、人口推計をみて高齢化率をみると、ある程度は仕方がない。それは受け入れたうえで、じゃあ持続可能な自治体としてどうやっていけるかといったら、そこに満足度がなければいけない。誇りを持ってこの町に住んでいること――。これが私は大事だと思います。

 心がけたのは「自分の町を自慢する町民」を増やすことです。私が町長になる前は、観光客に「下諏訪に、いいところありますか」と聞かれた旅館の仲居さんたちは「なんにもなくてね」と答えていました。魅力がこんなにいっぱいあるのに。以前は「ここ、行ってみて。すごいんだよ」と町の魅力について発言する住民は、ほとんどいませんでした。

住民と若い移住者が織りなす好循環

――住民が自信を持つことが、町外・県外の若者が下諏訪に移住したくなることにつながった?

 自分の町に自信を持つからこそ、外から来た人を心から受け入れられる。この町しか知らない住民は「あれがない」「これが足りない」という発想から入りますが、移住してきた若者たちは違います。「こんなにコンパクトなのに、自然豊かで温泉があり、おしゃれなお店もある。こんないい町ないよね」って、下諏訪町の魅力をどんどん発信してくれる。

 20代、30代の移住者が「下諏訪っていいとこですよね」と言ってくれるから、住民はみんな喜んで、この町で生活していることが楽しくなって、もっと移住者を受け入れるようになる。大切なのは、そういう繰り返しです。