「インクルーシブ公園」を整備しようという気運が盛り上がっている。障害の有無などにかかわらず、誰もが利用できる公園の遊び場のことだ。2020年には世田谷区の都立砧公園内に「みんなのひろば」が開園して話題になった。インクルーシブ(包括的な)公園の考え方や国内の課題について、インクルーシブな遊び場の調査・研究や情報発信を行う市民グループ「みーんなの公園プロジェクト」代表で倉敷芸術科学大学教授の柳田宏治氏に話を聞いた。

「みーんなの公園プロジェクト」代表の柳田宏治氏。手にしている書籍は同プロジェクトがまとめたインクルーシブな遊び場のガイドを書籍化した『―すべての子どもに遊びを― ユニバーサルデザインによる公園の遊び場づくりガイド』。ガイドのデータはウェブでも公開している(資料:みーんなの公園プロジェクト)
「みーんなの公園プロジェクト」代表の柳田宏治氏。手にしている書籍は同プロジェクトがまとめたインクルーシブな遊び場のガイドを書籍化した『―すべての子どもに遊びを― ユニバーサルデザインによる公園の遊び場づくりガイド』。ガイドのデータはウェブでも公開している(資料:みーんなの公園プロジェクト)

公園が社会をインクルーシブに変える足掛かりに

――「みーんなの公園プロジェクト」の活動内容を教えてください。

 ユニバーサルデザインによるインクルーシブな遊び場について国内外の先進的な事例を調査・研究し、その内容を公式サイトで報告したり、ガイドにまとめたりしている任意団体です。公園業界(自治体や遊具メーカー、設計者など)に対して助言や情報提供を行ったりもしています。最近では子どもの遊びを支援するNPOや市民団体との協力も増えています。

 自治体に向けては、例えば東京都の公園整備に携わる行政職員の研修でレクチャーをしたり、都立砧公園(世田谷区)のインクルーシブな児童遊具広場「みんなのひろば」のアドバイスをしたりしました。渋谷区の公園(恵比寿南二公園)の改修にあたってユニバーサルデザインの観点から整備のポイントを提案したりもしています。

砧公園「みんなのひろば」には、様々な難易度の遊びを提供する遊具が設置されている。写真中央奥は、船型遊具の「みらい号」。車いすや歩行器のまま「乗船」できる。右手前は「ぐるぐるマウンテン」乗り場全体が背もたれの形になっている(写真:赤坂 麻実)
砧公園「みんなのひろば」には、様々な難易度の遊びを提供する遊具が設置されている。写真中央奥は、船型遊具の「みらい号」。車いすや歩行器のまま「乗船」できる。右手前は「ぐるぐるマウンテン」乗り場全体が背もたれの形になっている(写真:赤坂 麻実)
[画像のクリックで拡大表示]
砧公園「みんなのひろば」に設置された遊具(資料:東京都)
砧公園「みんなのひろば」に設置された遊具(資料:東京都)

――設立の経緯を教えてください。

 メンバーは公園好きの3人です(笑)。私はプロダクトデザイナーで、他の2人は特別支援学校の現役教員や元教員なので、遊具や公園の専門家ではありません。むしろ多様な利用者の側に近い立場で、2006年から活動しています。

 私は以前、家電メーカーでデジタルカメラや携帯電話のデザインをしていました。当時からユニバーサルデザインは当然、強く意識しましたし、多様なユーザーに話を聞いてヒューマンセントリック(人間中心)にデザインするのはものづくりの基本スタンスです。公園も人間中心のユニバーサルデザインであるべきだと考えています。

――公園や遊び場が「インクルーシブ」であるとは、どういうことを意味しているのでしょうか?

 私たちは、「障害の有無などにかかわらず、すべての子どもが自分の力を生き生きと発揮し、様々な友達と共に遊び学べる場所」を「インクルーシブな遊び場」と定義しています。個人の特性や背景の違いにかかわらず遊べる。誰もが利用でき、豊かな遊びがそこにあって、公園を中心に地域とゆるやかにつながっていける。――そんな場所が「インクルーシブ」と言えます。

 遊びは子供の権利です。国連が採択した「児童の権利に関する条約(子どもの権利条約)」にも保障すべき権利として第31条に定められています(日本は1994年に批准)。ところが実際には、公共の場であるはずの公園で遊べない子どもたちがいます。公園や公園遊具の在り方、他の利用者の態度などが、障害を持つ子どもが公園で遊ぶことを阻害しているのです。

 このことは、障害を持つ子どもやその家族にとって不利益なだけではありません。多様な子どもと出会い、遊びを通して育ち合う機会を逸した他の子どもにとって、ひいては社会全体にとっての不利益にもつながっています。

 この課題を障害の社会モデルで捉えれば、原因は障害がある子どもの側にあるのではなく、公園の在り方にこそ問題があるのです。だから、社会が責任を持ってこれを解決し、どの子どもにも遊びの機会を保障する必要がある。これが、インクルーシブ公園の整備を目指す基本的な考え方です。

 遊び場がインクルーシブになると、多様な子ども同士はもちろん、親たちや地域住民の交流も広がります。インクルーシブな公園を作ることは、社会をインクルーシブに変えていく足掛かりにもなるのです。

* 障害の社会モデル:障害者が直面する困難は、その個人ではなく社会システムが作り出した障壁によるものであり、取り除く責任は社会の側にあるとする考え方。