他者の存在がポジティブなものになる

――アートフェスティバルは、「新町川エリア」と「城山エリア」の2会場で開催されました。城山エリアにはチームラボの作品「城跡の山の呼応する森」が展示され、様々な光で木々が照らし出されていました。どのような意図でつくられたのですか。

 「城跡の山の呼応する森」では、一般的なアート作品のように訪れた人が展示されたものを単に見るのではなく、展示空間にそのまま入って体験できるような、デジタルアート空間を創出しました。

 城山には今も原生林が残っています。僕らの作品は、これら原生林の木々をLEDの光で浮かび上がらせ、人や動物が木々に近づくことによって光の色が変化し、その色独特の音色を響かせるというものです。この変化に併せて、近くの木も同じ光の色へと変化していくのです。

チームラボの作品「城跡の山の呼応する森」。木々の光はゆっくり呼吸するかのように強く輝いたり消えたりする。人や動物が近くを通ると光の色が変化し、色特有の音を響かせる(写真:生田 将人)
チームラボの作品「城跡の山の呼応する森」。木々の光はゆっくり呼吸するかのように強く輝いたり消えたりする。人や動物が近くを通ると光の色が変化し、色特有の音を響かせる(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]

 例えば、公園でくつろいでいるときに、他者の存在を意識する人はあまりいないと思います。逆に、人であふれた都会では、他者の存在が邪魔になり、ストレスを感じることがあるかもしれません。

 この作品では、センサーが人の存在や動作を感知して、光の色や音が変化していくわけです。向こうから光が押し寄せてくることによって、誰かがそこにいることを緩やかに認識する。誰かが歩いてくることでデジタルアート空間が美しく変化していけば、他者の存在を邪魔に感じるのではなく、ポジティブなものとして捉えることができるのではないか――。そんなことを期待しながら、この作品をつくりました。