人口1600人弱の徳島県上勝町が取り組むゼロ・ウェイスト運動。ごみの発生を極力抑制し、出てきたごみを資源として循環させるという考え方で、ごみを13品目45分別するなど実践に結びつけている。SDGs(持続可能な開発目標)、サーキュラー・エコノミー(循環経済)という文脈からも世界的に注目を集め、各国から視察や研修のために多くの人が訪れる。この活動の現場を支えているのが特定非営利活動法人のゼロ・ウェイストアカデミーだ。理事長の坂野晶氏にその活動内容や海外に向けた情報発信、今後の展開などについて聞いた。

ゼロ・ウェイストアカデミーの坂野晶理事長(写真:日経BP総研)

――ゼロ・ウェイストアカデミーの設立の経緯をお聞かせください。

 上勝町は2003年、日本で初めて「ゼロ・ウェイスト宣言」を行い、2020年を目標にゼロ・ウェイスト、つまり焼却・埋め立てせざるを得ないごみを極力減らすという宣言をしました。その際、行政だけではやりにくい部分、例えば、仲間を広げたり、人材育成をしたりといったことがフレキシブルにできるように民間組織をつくろうということになり、2005年に特定非営利活動法人のゼロ・ウェイストアカデミーができました。私が理事長に就任したのは2015年11月です。

――どのような活動を行っていますか。

 活動の基礎となる収入は、行政からの受託事業で得てきました。受託事業は主に2つあって、1つがごみステーション(日比ヶ谷ごみステーション)の管理・運営を含めた一般廃棄物の中間処理業務。上勝町はごみ収集車がごみを集めるのではなく、町民がごみを分別して自ら施設に持ち込む「資源持ち込み方式」を採用しており、ごみステーションというのは、ごみの持ち込み先となる施設のことです。こちらは2018年度から町の直営に戻しているので、17年度までの事業です*1。もう1つがシルバー人材センターの管理・運営事務局の業務です。そのほか、この2つの周辺の様々な事業を上勝町から受託する形でやっています。

上勝町のごみが集まる「ごみステーション」。上勝町では、住民がごみを13品目45分別。「まだつかえるもの」「生ごみ」の2品門2分別以外はすべてここに廃棄する(写真:日経BP総研)
[画像のクリックで拡大表示]
*1 上勝町では新たなごみステーションの建設を予定している。この新ステーションとアカデミーとの連携については現在のところ詳細は決まっていないという。

――具体的にはどのようなことをしているのですか。

 例えば、ごみステーションにごみを持ち込めない高齢者のお宅を訪問してごみを回収する事業は、2017年度までアカデミーが担当し、18年度から町の直営になりました。

 このほか、不用品を無料で譲渡するリユースショップ「くるくるショップ」をごみステーションの中で運営したり、古い着物やこいのぼりを地域の方が衣服や雑貨としてリメイクして販売する「くるくる工房」を運営したりしています。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
ごみステーション内のリユースショップ「くるくるショップ」の様子(写真:日経BP総研)
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
リメイクショップ「くるくる工房」店内(写真:日経BP総研)