北海道日本ハムファイターズが北広島市に建設しているボールパーク「HOKKAIDO BALL PARK F VILLAGE(北海道ボールパーク F ビレッジ)」は、単なる球場の新設ではなく、地元自治体と強力なタッグを組んだ「まちづくり」でもある。ボールパーク建設のキーパーソンである北海道日本ハムファイターズ取締役事業統轄本部長・前沢賢氏へのインタビューの2回目では、球団がつくるまちとはどんなもので、ファイターズはどのような思いで地元と連携しているのかについて聞いた(第1回はこちら)。

北海道日本ハムファイターズの前沢賢・取締役事業統轄本部長(写真:日経BP 総合研究所)

――まちづくりは行政の仕事ですし、民間ならばデベロッパーや建設会社がやるものだった。そうしたなかで、ファイターズはスポーツを軸にまちづくりをしようとしています。まちづくりについてスポーツで何ができるのか、あるいは何のためにまちづくりをしようとしているのでしょうか。

 スポーツ観戦では、少なくとも年間に数百万人の人が動きます。それをまちづくりに有効活用しない手はない。その人たちをもっと増やせる可能性があるのであれば、さらに拡大していくべきですし、欧米でもそうした事例が見られます。

――そのために、今回はパートナーが北広島市ですが、官と民とがうまく協力することが必要になってくると。

 絶対に必要です。巷では「民設民営」と言われ、我々の施設も民設民営で約600億円を投資しますが、民設民営などとは口が裂けても言えない。なぜかと言うと、当然土地だって行政所有のものですし*1、道路などのインフラも北広島市や北海道、北海道開発局が主体となっている。用途地域の問題もあるので、どこにでも球場をつくっていいわけではない。新球場の建設やスタジアムの改革は、行政と一緒にやらなければ、なし得ないと思います。このような環境で100%、民設民営などあるわけがない。それは民間のおごりだと思います。

*1 北広島市が貸与する土地は約32ヘクタール。現在はすべて公園区域に属するが、市は今後、エリアを公園区域と公園外区域とに分ける手続きを行い、公園区域部分は無償で、公園外区域部分は有償で貸し付ける予定。公園区域に建設されるのはスタジアムや駐車場、レジャー施設などで、公園外区域にはホテルや物販・飲食施設などが建設される。また、公園区域については、固定資産税と都市計画税を10年間、減免する予定だ。

――都市として出来上がっている東京ならば、今さらまちづくりでもないだろうという考えもあると思うのですが、北広島は事情が異なります。行政と一緒に、自分たちがまちをつくるんだという気概を持って取り組んでいるといったところでしょうか。

 北広島市の人はもちろんなのですが、近隣の市町村の皆さんとも、14市町村が参加する連携協議会を組織しています。周辺の人も期待してくれていますし、定期的に会議や勉強会をしているなかで、能動的な関係はできていると思います。

――北広島市だけでなく、近隣市町村との協力関係もできているのですね。

 そうですね。意外でした。他の市町村はもっと他人事になるかと思っていたのですが、ボールパークを活用しようという機運を感じました。もちろん、札幌市ともいい協力関係を続けています。

ボールパークの建設地に立つ大看板。JR千歳線の車窓からも目にすることができる(写真:日経BP 総合研究所)
[画像のクリックで拡大表示]

防災拠点のための出費は必要なコスト

――新球場は、地域の防災拠点になるという話も聞きました。

 ええ。基本的には面白い空間をつくるのが目的ですが、せっかくの面白い空間が防災機能を持っていなかったら価値がないと、私は漠然と思っています。

 実は札幌ドームは、2018年の北海道胆振東部地震の際、電力が復旧するのが遅くて、避難場所として使えなかったんです。もし、体制が整っていれば、どこかの体育館に避難するよりも、札幌ドームのフィールドで寝泊まりするほうが絶対よかったはずです。

 そんなことはないに越したことはないのですが、何かがあった時の備えがある施設にしたいと思いましたし、そのための基準をクリアする費用も、必要なコストだと思って取り組んでいます。

――何か特別なものが必要になるのでしょうか。

 24時間、自家発電できる設備が必要だとか、一定の耐震安全性を満たさなければならないといった条件があるのですが*2、それをクリアしようと。普通のスタジアムであれば、ここまでは考えないと思います。

*2 スタジアム(エスコンフィールドHOKKAIDO)は、観光客や帰宅困難者などの一時避難に対応できる広域避難場所に指定され、防災備蓄倉庫を設置する予定。また、エリア内の施設を活用し、災害時における飲食施設の食事提供、宿泊施設の寝具提供など、官民連携によって流動的な災害対応ができるような防災拠点の実現を目指している。エネルギー関連では、スタジアムでESP(エネルギー・サービス・プロバイダー)事業を行う北海道電力が、(1)電源の2回線引き込みによる電力の安定供給、(2)災害に強い中圧ガスコージェネレーションシステムによる電源の供給、(3)軽油による非常用発電機の設置――といったBCP対策を実施する。

――それは市から要請があったということでなく、自分たちからやろうと。

 市や周辺市町村の役にも立ちたいという思いがあったので、自分たちからです。

オープンは2023年以降、段階的に

――北広島に移転してから2、3年はたくさんのお客さんが足を運ぶと思いますが、その後はどうでしょう。観客動員数をキープするのは難しい可能性もあると思うのですが、何か手を考えていますか。

 ボールパークの開業は2023年ですが、開業時は我々が目指すものの100点ではなく、60点から70点ぐらいだと思っています。北広島市から広大な敷地をお借りしますが、2023年にそこが全部埋まるわけではなく、開発は1期、2期、3期と分かれて行います。言ってみれば、常に飽きさせない、新しいものが加わっていく空間になります。

 2023年にオープンするのは、まずは球場と駐車場。それ以外に、外野側に4ヘクタールほどの自然エリアがあるのですが、そこは2023年までにいろいろな要素を入れていこうと思っています。

ボールパークの俯瞰。外野後方に自然を生かしたエリアができる(資料:北海道日本ハムファイターズ)
[画像のクリックで拡大表示]
周囲には、宿泊施設やレストランなど様々な施設が計画されており、23年以降、段階的に整備される予定だ(資料:北海道日本ハムファイターズ)
[画像のクリックで拡大表示]

――札幌ドームの収容人数が約4万2000人なのに対して、新しいボールパークは約3万5000人と、キャパシティーは小さくなる計画ですが、移転後の観客動員数はどのようにみていますか。

 これまで、1試合当たりの来場者数は約2万8000人でした。移転後の見込みについて、詳細は公表していませんが、だいたいこれまでと同じぐらいの来場者数を見込んでいます。ただし、それは我々がどこまでできるか次第だと思います。

――北広島は札幌駅からJRで15分ぐらいの距離ではありますが、隣の市ですし、少し遠くなります。その影響はないのでしょうか。

 影響があるとは思います。過去に、米国で球団が移転した事例を見ると、残念ながらファンの分布がエリアで移動してしまう。ここでも、札幌ドームにいた時は年6回来ていた人が、3回に減るということは残念ながらあるのはないでしょうか。

 よって、今までご観戦いただいていなかった方々にも訴求していく必要があります。空港のある千歳からは近くなりますし、「ついで」で来てくれる人が多くなるのではないか。札幌ドームも決して立地は悪くありませんが、例えば海外から来たお客さんが、空港に帰る途中で寄っていこうと思えるようなエンターテインメント施設はあまりない。でも、ボールパークなら、そうしたインバウンド向けのエンターテインメント施設もつくれる。札幌から空港に向かう間の経由地のようになってくれるのかなと思っています。

道外や海外の人を「最初に案内しよう」という施設に

――球場を移転して、少しずつ施設を増やしていってという計画ですが、究極の目標、この事業を実施することによって、一番成し遂げたいことは何でしょうか。

 私がいる間には成し遂げられないかもしれませんが、「困った時にあそこに行ってみよう」と思ってもらえるような場所になりたいなと。例えば、育児で行き詰ったお母さんが行くところでもいいですし、恋愛に悩んだ男女でもいいのですが、そんな人が「とりあえずあそこに行って気持ちを落ち着かせよう」とか、「気分転換しよう」と思ってくれるような場所になれたらいいなと思っています。何かが楽しいとか刺激的というよりも、意外と最後はそれが大事なのかなと。

 そのためにもいろいろこだわっています。通路もできるだけ広くして、ゴミゴミとせせこましい感じにはしたくないと思っています。土地は32ヘクタールと潤沢にあると言われますが、余裕を持って施設を配置していくと、それほどたくさんのものは入れられない。でも、そうしたこだわりが、「北海道のシンボルを目指す」ということなのだと、自分なりに理解しています。

ボールパークの建設地。原生林の伐採作業が終盤を迎えていた。2019年12月撮影(写真:日経BP 総合研究所)
[画像のクリックで拡大表示]

――海外から来た方が帰る時に、一番印象に残った施設とか体験になる可能性もありますね。そうすると本当に北海道のシンボルになるものかもしれません。

 野球をやっていなくても、球場の外観や内観を見ただけでも、来た価値があったと言ってもらえるようにしたい。そして、そうしたところで選手たちにもプレーしてもらいたい。

 友達が道外や海外から来て、どこかに案内しようとなった時、最初に「そこに行こう」と頭に浮かべてもらえるような場所になりたいなと思います。まあ、夢物語のように思われる方もいると思いますが、創造しないことには何もはじまりません。

――先ほど(注:2019年12月)現地を見てきたのですが、原生林の伐採作業がようやく終わるという段階で、確かにここにボールパークができるとは想像しにくかったです。

 いやいや、我々にしてみたら、造成されて初めて皆さんに「本当にやるんだ」と思われるのだろうと思いました(笑)。造成される前は、できないんじゃないかと皆さん言っていましたから。

前沢 賢(まえざわ・けん)
北海道日本ハムファイターズ取締役事業統轄本部長
前沢 賢(まえざわ・けん) 1974年生まれ。パソナ、J・坂崎マーケティング(マーケティングマネージャー)、北海道日本ハムファイターズ(事業推進部長)、パシフィックリーグマーケティング(執行役員)、横浜DeNAベイスターズ(取締役事業本部長)、日本野球機構(侍ジャパン事業戦略担当)などを経て、2015年から現職。ファイターズスポーツ&エンターテイメント取締役を兼務(写真:日経BP 総合研究所)

この記事のURL https://project.nikkeibp.co.jp/atclppp/PPP/434148/051900070/