水辺に関心を持つ市民や企業、行政が一体となって、水辺に新しいにぎわいを創造する活動「ミズベリング・プロジェクト」。例年7月7日に、全国各地の水辺に市民が集まって乾杯するイベント「水辺で乾杯」を実施しているが、新型コロナの影響で、今年は9月9日に延期された。それでも全国の100カ所以上で実施。各地の主催者は苦心しながら、「密」を避けるためのさまざまな工夫をしていた。各地のイベントの様子やウィズコロナ時代の水辺への思いを、プロジェクトの仕掛け人である山名清隆氏に聞いた(関連記事:ニューノーマルの「水辺で乾杯」を9月に、日本の水辺から世界を変えたい)。

ミズベリング・プロジェクト事務局プロデューサーの山名清隆氏(写真:日経BP 総合研究所)

――9月9日に延期して実施された「水辺の乾杯2020」ですが、どんな実施状況だったのでしょうか。

 「ミズベリング」のウェブサイトに、各地の実施状況を投稿してもらっていますが、9月9日以外に実施されたものも含め、100カ所以上の開催報告が集まりました。

 いつもは写真も投稿してもらうのですが、今回はここに写真は貼り付けないことにしました。集合写真はソーシャルディスタンスを取りにくく、写真をアップするのに抵抗がある人もいる。現場では盛り上がるのでしょうが、特に行政サイドの人などから、「やってはみたけれど写真は上げにくい」という声もあったので、今回はメッセージの投稿だけにしたのです。

「水辺で乾杯2020」のウェブサイトに掲載されているメッセージ(ウェブサイトを一部加工)(資料:ミズベリング・プロジェクト事務局)
[画像のクリックで拡大表示]
2019年までに各地で開催された「水辺で乾杯」の様子。各地の水辺に人々が集まった(写真:ミズベリング・プロジェクト事務局)
[画像のクリックで拡大表示]

 そもそも今年は「乾杯は水辺でなくてもいいですよ」ということにしていました。水辺に感謝したり、水辺でできることを考えたりしながらの乾杯でもいい。必ずしも現場にこだわらないという考え方です。実際、昨年までのように写真を撮れない場合もあったと思います。水辺に行けない、集まれないという人もいたでしょうから。

――全国の実施状況を見て感じたことは。

 正直なところ、「現場でやらないんだったら面白くないからやらない」という人もいるだろうと思っていたので、私たち事務局もそれほど期待しておらず、7月7日から延期した時点で「今年は仕方ないかな」と思っていました。いまだにコロナの影響で「それどころではない」という空気もあるし、夏の初めの7月から夏の終わりの9月になったことで、気分が盛り上がらないということもあるかと。蓋を開けるまでは、みんなが反応してくれるかどうかすごく不安でした。

 だからこそ、多くの場所で乾杯が行われて、みなさんがメッセージを書いてくれたことが、私たち事務局としてすごくうれしかったですね。それぞれの活動をしているみなさん自身へのメッセージでもあるのでしょうが、我々への応援や、例えば医療関係者など他の人への応援もありました。