参加者集めの段階では、明確な議題やゴールは打ち出さない

――「つなげる30人」の参加者はどのように集めるのでしょうか?

 「つなげる30人」の参加者は基本的に企業から20人、NPOから8人、行政から2人で構成します。構成は地域に応じて変更していますが、前述のように、参加者が「主体性」を発揮することが特徴であるため、我々は三つのセクターから「この街が好き、あるいは思いがある」といった人たちを集めるだけで、アジェンダのように明確な議題やゴールのあるものは、打ち出さないようにしています。

「我々は三つのセクターから『この街が好き、あるいは思いがある』といった人たちを集めます」(写真:柳生貴也)
「我々は三つのセクターから『この街が好き、あるいは思いがある』といった人たちを集めます」(写真:柳生貴也)

 「つなげる30人」の会合で参加者が対話する際も、我々主催者は、参加者の思いにひたすら耳を傾け、スキルとしてファシリテーションを学んでもらうことに徹します。そのようにすることで、参加者が主体的に動く状態を作ることに「つなげる30人」は特化しています。

 「つなげる30人」では、まちづくりのどの領域に重点を置くのかについては、地域・会期ごとに変えていますが、その場合も、参加者の属性を変える程度にとどめています。例えば、「観光」に重点を置いたまちづくりについて対話したい場合は、行政からの参加者として観光局の人を、企業からの参加者として観光関連産業の人を選びますが、それ以上は踏み込みません。

 また、これまでのまちづくりのワークショップと「つなげる30人」が違うのは、対話を通じて出てくる「アイデア」を成果とするのではなく、参加者が信頼関係を築き、一人ひとりが輝くことを成果とすることです。

 よく「“つなげる30人”では、どのような地域課題が解決できるのでしょうか」と尋ねられるのですが、「我々が実現したいのは、“つなげる30人”が終わったあとも参加者が付き合いを続けたいと感じる信頼関係」だと答えています。