静岡県島田市に2020年11月、公民連携によりにぎわい交流拠点「KADODE OOIGAWA(カドデオオイガワ)」が誕生した。島田市は、この拠点を含めた大井川流域の地域振興に、大井川農業協同組合(以下、JA大井川)、大井川鐵道、中日本高速道路(以下、NEXCO中日本)と連携して取り組んでいる。KADODE OOIGAWAは施設自体をJA大井川が建設し、直結の鉄道駅を大井川鐵道が新設、歩道橋などのインフラを市が整備。一つの施設を共同で作るのではなく、それぞれがパーツを作って、来場者に一体的な体験を提供できるようにした。

KADODE OOIGAWA(イベント広場より)。インターチェンジ至近という意味でも、この場所から北に向かって登り勾配という地形的な意味でも、地区の玄関口に当たる(写真:赤坂 麻実)
[画像のクリックで拡大表示]

新鮮な農産物のマルシェや緑茶体験施設など地域の特色を前面に

 農産物直売所やカフェ、子どもの遊び場、観光案内所などを備えるにぎわい交流拠点「KADODE OOIGAWA」が2020年11月12日、開業した。島田市を南北に流れる大井川の西岸、新東名高速道路の島田金谷インターチェンジ(IC)のすぐそばに位置し、大井川本線の新駅「門出(かどで)駅」に直結。敷地面積は約1万4500m2に及ぶ。運営するのは、施設と同名のKADODE OOIGAWA(静岡県島田市)。同社はJA大井川、大井川鐵道、島田市らが共同出資した株式会社だ。

 KADODE OOIGAWAは国道473号をまたいで、3棟の建物とイベント広場やドッグランなどの豊富な屋外スペースから成る。バスロータリ―や550台分の駐車場、サイクルピットも設けた。運営会社・KADODE OOIGAWAの小林正二代表取締役は「(観光客などが)高速道路を降りて、別の交通手段などで地域へ足を延ばす拠点になることを目指している」と話す。

 拠点全体のコンセプトは「緑茶・農業・観光の体験型フードパーク」。市のシティプロモーションである「島田市緑茶化計画」とも連動しており、緑茶を使った土産物の売り場や、緑茶をその場で自らいれて味わえる設備など、施設のあちらこちらに関連機能が配置されている。

 門出駅と直結する棟には、待合スペースやキオスク、観光案内所、土産物売り場、地場産の野菜を使った料理を提供するレストランが入った。野菜の魅力を発信できる飲食店は、JA大井川の組合員からも要望が強かったという。

KADODE OOIGAWAの施設ゾーニング(KADODE OOIGAWAの資料を一部加工)
[画像のクリックで拡大表示]
KADODE OOIGAWAの一般向け案内図(資料:KADODE OOIGAWA)
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
左は島田市のシティプロモーション「島田市緑茶化計画」のウエブサイト。緑茶化計画のロゴマークやイメージカラー「緑茶グリーン」を使いながら、市内外に向けて発信していこうという取り組みだ。KADODE OOIGAWAでも、同計画のロゴをあしらった商品を販売する(右写真)など、連動したプロモーションを展開している(左画像:島田市、右写真:赤坂 麻実)
門出駅のキオスクは、KADODE OOIGAWAのレストラン棟の一角にある。大井川鐵道の名物であるSLは門出駅には停車しないが、ホームやレストランから走行する姿が見られる(写真:赤坂 麻実)
[画像のクリックで拡大表示]
観光案内所「おおいなび」のカウンター。土産物を販売するショップも併設している(写真:赤坂 麻実)
[画像のクリックで拡大表示]