商業施設と都市公園を一体開発したことで話題となった「南町田グランベリーパーク」(東京都町田市)。2019年11月13日のオープンから二週間足らずで、商業施設の来館者が累計100万人を突破する盛況ぶりだ。公と民の一体的なエリア開発は、どのように進められてきたのか。そのプロセスを追った。

 都市公園と商業施設を一体開発した「南町田グランベリーパーク」(東京都町田市)が2019年11月13日にオープンした。2017年2月に閉館した商業施設「グランベリーモール」の跡地と、町田市の都市公園「鶴間公園」中心に、町田市と東急が公民連携で推進する「南町田拠点創出まちづくりプロジェクト」として、区画整理をした上で再整備したものだ。

 「南町田グランベリーパーク」と名付けられた約22haのエリアは、東急田園都市線の南町田グランベリーパーク駅(旧南町田駅。オープンを機に改称)に直結の大型施設だ。商業施設(ショッピングモール)の「グランベリーパーク」、町田市の都市公園「鶴間公園」、そして、その間をつなぐ「パークライフ・サイト」の3ゾーンで構成されている。

「南町田グランベリーパーク」は、商業施設(ショッピングモール)の「グランベリーパーク」、町田市の都市公園の「鶴間公園」、そして、その間をつなぐ「パークライフ・サイト」の3ゾーンで構成されている(資料:町田市、東急、ソニー・クリエイティブプロダクツ)
[画像のクリックで拡大表示]

 鶴間公園は町田市、グランベリーパークは東急、パークライフ・サイトはソニー・クリエイティブプロダクツ(東京都港区)が所管する。なお、公園はTSURUMAパークライフパートナーズ(代表企業:石勝エクステリア、構成企業:東急スポーツシステム、日本体育施設)が指定管理者として市から管理・運営を受託している。

南町田グランベリーパークの商業施設「グランベリーパーク」内の様子。開業直後の週末の平均滞留時間は約2時間40分だったという(写真:赤坂 麻実)
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
左はグランベリーパークの「パークプラザ」周辺。公園との境界に位置する広場スペースだ。右写真はシネマコンプレックス「109シネマズグランベリーパーク」。シアター前には広場が設けられた(写真:2点とも赤坂 麻実)
鶴間公園。木を3分の1ほど間引いて木立ちの空間に明るさを確保した。小さな子供の姿が目立つ(写真:赤坂 麻実)
[画像のクリックで拡大表示]
南町田グランベリーパーク駅の全景。まちびらき(2019年11月13日)当初5日間の1日平均乗降人員は、2016年度(2017年2月にグランベリーモールが閉館)の約3万4300人に対して、約8万6200人と2倍以上に増加した。東急は南町田駅を南町田グランベリーパーク駅に改称するとともに、平日も急行列車が停車するようにダイヤを改正した。また、駅構内を改装して開放的な空間とし、植栽エリアや水が流れるスペースを設けている(写真:東急)
[画像のクリックで拡大表示]

 2019年11月13日にまちびらきし、同11月25日には、南町田グランベリーパーク内の商業施設「グランベリーパーク」だけで、来館者が累計100万人を突破する盛況ぶりだ。さらに同12月14日にはパークライフ・サイト内に「スヌーピーミュージアム」が開館した。南町田グランベリーパーク全体年間1400万人の来場を目指している。