ロゲイニングとは、野山などに設置されたチェックポイントを制限時間内に何人かのグループで巡り、得点を競うオリエンテーリングのようなアクティビティのこと。これを地域活性化に活用しようとしているのが茨城県つくば市だ。全国から集まってきた筑波大学の学生が中心となって企画・参加することで「関係人口」の増加も目指す。

  地図代わりのタブレットを覗き込みながら、親子連れや友人グループが町を楽しそうに歩き回る。「こんなに多くの人が、ここを歩いているのを見るのは久しぶり」と、迎える商店主も笑顔を見せる。2月9日、茨城県つくば市・吉沼地区で行われた「R8ロゲイニングin吉沼」での1シーンだ。高齢化、人口減少、コミュニティの活力低下のトリプルパンチに見舞われた「周辺市街地」を活性化させる一手段として実施された、つくば市の地域活性化コンペ採択で採択された取り組みだ。

「R8ロゲイニングin吉沼」の様子。地図を手に目当てのポイントを探す親子(写真:吉澤咲子)
[画像のクリックで拡大表示]

TX沿線以外の「周辺市街地」活力が低下

つくば市に所在する8カ所の周辺市街地。それぞれ合併前は各町村の中心部として栄えていた(出所:つくば市)
[画像のクリックで拡大表示]

 2005年のつくばエクスプレス(TX)開通以来、つくば市のTX沿線エリアは、東京への通勤、通学の便が良く、子育てもしやすいと人気が上昇している。2020年3月1日時点の同市の人口は23万8008人。日本の人口が減少し続ける中、5年前の2015年の同日データと比べて約7.8%も人口が増えている。

 一方で、沿線から離れた周辺地区は、衰退がささやかれるようになって久しい。つくば市都市計画部の大塚賢太次長は、「つくば市もまた、地区間の賑わい格差に悩む地方都市の典型」だと市の現状を説明する。

 つくば市は1987年、谷田部町・大穂町・豊里町、桜村の3町1村の合併により誕生した。翌88年に筑波町、2002年に茎崎町を編入し現在の市域となり、面積も283.72km2にまで拡大した。市の中心地域となるのは、大学や公的機関、民間企業の研究機関も多いつくば駅や市役所がある研究学園駅周辺だ。一方、かつて6町村の中核だった8地区(北条、小田、大曽根、吉沼、上郷、栄、谷田部、高見原)の周辺市街地は、高齢化、人口減少、コミュニティの活力低下に見舞われ、活性化策の模索が急務となっている。

 そこでつくば市は2017年、都市計画部 市街地振興課に「周辺市街地振興室」を設立。周辺市街地をRegion 8(リージョンエイト)=R8と名付け、活性化に本腰を入れ始めた。

周辺市街地活性化のコンペを実施

 活性化への取り組みの第一歩は、2018年1月から始まった「まちづくり勉強会」。多くの場合、地域振興の方向性やテーマの選定は、地域の資源や課題を住民自身が把握することから始まる。8地区もまた、地域資源を掘り起こすことからスタートした。だが、「地域の中の何が資源になりうるのか事例を具体的に提示しないと、住民がイメージをつかみづらい」(つくば市周辺市街地振興室の吉岡誠⽣室長)ということが分かってきた。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
左:つくば市都市計画部周辺市街地振興室の吉岡誠生室長。右:同・都市計画部の大塚賢太次長(写真:2点とも佐々木温)

 そこでまず、議論のたたき台として、各地区の実際の資源や魅力を地図に落とし込んだ「市街地カルテ」を周辺市街地振興室が中心となって作成した。その結果、「ならばこれはどうか」と住民が意見を述べやすい雰囲気が生まれ、勉強会でのディスカッションが活発になった。結果、「行政側も把握していなかった様々な資源や課題が明らかになり、地区の魅力の再発見につながった」(吉岡室長)と言う。