「メガソーラービジネス」2021年2月17日付の記事より

シェアサイクルで町を活性化

 東日本大震災から、もうすぐ10年目。遅れていた福島の復興もようやく本格化し始めた。昨年3月、JR常磐線が震災から9年ぶりに仙台まで開通した。最後まで不通区間となっていた富岡駅から浪江駅の間で運転が再開した。

 全線での運転再開に先駆け、福島県楢葉町にある竜田駅までの区間は、2015年6月に運転が再開し、2015年9月には同町に出されていた避難指示が解除された。2021年には町に戻った住民の比率は、60%近くまで高まり、徐々に賑わいが戻ってきた。

 町内には、JR常磐線の駅が3つある。北から竜田駅、木戸駅、Jヴィレッジ駅だ。全線が開通し、復興に向けて交流人口が増えてきたものの、駅発着の路線バスやレンタカー事務所もないことから、駅からの足は、タクシーを利用するしかなかった。

 こうしたなか、昨年11月30日から3駅前を含む町内5カ所を拠点にシェアサイクルが始まった。5カ所のサイクルポートに合計20台の自転車を設置した。5カ所のポートなら、どこでも返却できる「乗り捨て可能」が特徴だ(図1)(図2)(図3)(図4)。

図1●竜田駅のサイクルポート。一般の駐輪エリアの右端を利用
図1●竜田駅のサイクルポート。一般の駐輪エリアの右端を利用
(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]
図2●木戸駅のサイクルポート。一般の駐輪エリアの右端を利用
図2●木戸駅のサイクルポート。一般の駐輪エリアの右端を利用
(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]
図3●Jヴィレッジ駅のサイクルポート
図3●Jヴィレッジ駅のサイクルポート
(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]
図4●「みんなの交流館 ならはキャンバス」のサイクルポート。楢葉町の中心部にある復興拠点「笑ふるタウンならは」内にある
図4●「みんなの交流館 ならはキャンバス」のサイクルポート。楢葉町の中心部にある復興拠点「笑ふるタウンならは」内にある
(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]

 スマートフォン・アプリを通じて、無人でロック解除から決済、返却まで行え、ヤマハ製の電動アシスト自転車を採用しているため、多少の坂でも容易に登り切れる。15分毎50円の「ちょこっとお散歩プラン」のほか、6時間1000円の「散策観光プラン」、12時間1500円の「ぴったり観光プラン」、24時間2400円の「ゆっくり観光プラン」から選択でき、観光やビジネスにレンタカー代わりに利用できる。

 楢葉町では、天神岬スポーツ公園やJヴィレッジなど、町内の観光スポットを巡るコースをアピールするとともに、ビジネスに関連した交流人口の拡大や町民の新たな足としての利用を見込んでいる。