三菱地所は2019年5月、和歌山県白浜町にワーケーション用オフィスを開設し、丸の内エリアなどで展開するオフィスビルのテナント企業らを対象に貸し付けている。施設開設に先駆けて和歌山県および白浜町と進出協定を結んでおり、事業運営において県や地元のサポートを受けているという。同社と県に、取り組みについて話を聞いた。

 和歌山県と白浜町、三菱地所は3者で協定を結び、2019年5月にワーケーション用オフィス拠点「WORK×ation Site 南紀白浜」を白浜町に開設した。ワーケーションとは、観光地などに短期滞在し、現地で仕事をしながら休暇を楽しむというもの。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
WORK×ation Site 南紀白浜の内観。内装に手を入れてリゾートらしさを演出した。広さは約60m2。最大16人まで利用可能。1日の利用料は10万円(税別)だ(写真:三菱地所)
WORK×ation Site 南紀白浜の利用イメージ(写真:三菱地所)
[画像のクリックで拡大表示]

 三菱地所は、WORK×ation Site 南紀白浜を、自社が保有するオフィスビルのテナント企業などに、白浜町滞在中のオフィスとして提供している。白浜町が管理・運営するサテライトオフィス用の貸事務所「白浜町第2ITビジネスオフィス」の1室を三菱地所が借り上げ、1日1社専有方式で貸し付けている。

 和歌山県は白浜町を含めた県内のサテライトオフィス事業やワーケーション事業を主導する立場で関わる。また、県は白浜町がITビジネスオフィスを整備する際、財政的支援を行った。

 県や町は、ワーケーションで交流人口の増加を目指す。一方、三菱地所は、テナント企業の顧客満足度を高める狙いだ。2019年5月の開業以来、視察や予約済を含めて、20社ほどが利用した。また、この他に、継続的に利用する「契約企業」として、NTTコミュニケーションズ(東京都千代田区)、ギックス(東京都港区)、三菱UFJ銀行(東京都千代田区)が名を連ねる。利用した企業からリピートの要望や、新規企業から問い合わせを受けており、次年度も一定の稼働を見込んでいるという。

 1日や2日の短期滞在から1カ月程度まで利用期間は様々だ。あるICT企業が1カ月続けて借り上げ、期間中にその企業の従業員が入れ替わりで訪れる例もあった。ワーケーション事業について、県と三菱地所それぞれの取り組みを見ていこう。

WORK×ation Site 南紀白浜が入居する白浜町第2ITビジネスオフィスの外観。桜の名所としても知られる平草原公園(面積約14万m2)内に白浜町が平成29年度地方創生拠点整備交付金を活用して整備した。三菱地所のほか、Web会議サービスなどを提供するブイキューブ(本社・東京都目黒区)などが入居しており、現在は全4室が満室だ(写真:三菱地所)
[画像のクリックで拡大表示]