岩手県花巻市で43年間、地域の人々に愛され続けたマルカン百貨店が惜しまれながら閉店を迎えたのが2016年6月。すぐさま地元の若手経営者らが立ち上がり、空き家や使われなくなった商業ビルなどを再生しながらエリアの価値を高める「リノベーションまちづくり」の手法で、2017年2月に1階に名産品などの店舗と6階に食堂が入居するマルカンビルとして復活を果たした。再オープンから2年が経過した現在も、毎日1000人以上の利用者でにぎわう盛況ぶりだ。多くの自治体が中心市街地の老朽化した空き店舗に頭を悩ませる中、花巻市では地域を象徴する商業施設を再生させることによって活気が生まれている。

 JR花巻駅から少し離れた中心市街地である上町商店街の一角に、ひときわ目立つ8階建ての大きな建物がある。それは、2016年まで老舗のマルカン百貨店が営業していたマルカンビルだ。

地下1階、地上8階建てのマルカンビル(写真:上町家守舎)
[画像のクリックで拡大表示]

 平日にもかかわらず、6階の「マルカンビル大食堂」には午前11時の開店と同時にお客が流れ込む。店頭のショーケースには、名物の10段巻きのソフトクリームやラーメン、寿司、カレーなど100種類以上あるメニューの食品サンプルが並ぶ。店内はまさに昭和レトロのデパートの食堂である。

高さ25センチで10段巻きのソフトクリーム(180円)は箸で食べるのが花巻流(写真:上町家守舎)
[画像のクリックで拡大表示]

 560席ある広い店内を見渡すと、若いカップルから老夫婦まで、老若男女問わず、多くの人で賑わう。スーツを着た男性が1人で食事をしているかと思えば、作業着姿で談笑しているグループもいる。幼い子どもが店内を走り回っていても、怪訝な顔をする人は誰もいない。多くの人は「マルカンは誰でも来れる敷居の低い食堂」と答える。まさに世代を超えて、地域の人々から愛されている食堂だ。マルカン百貨店時代は毎日19時まで営業していたが、現在は毎週水曜日が定休日で、18時半まで営業している。

老若男女問わず多くの人で賑わうマルカン大食堂(写真:上町家守舎)
[画像のクリックで拡大表示]

 現在、マルカンビルを運営する「上町家守舎」は、マルカン百貨店の閉店発表後に「6階大食堂を可能な限りそのままの形で存続させる」ことをミッションに設立された株式会社だ。再オープン後10年で借入金を完済する計画を立てている。マルカンビルの大食堂と物販店舗の販売収入に加え、駐車場の貸し出しや大食堂のブランド力を生かした商品開発などを地域の企業と共に手がけることで収益を上げ、現在は事業計画に近い水準の収支で推移している。