事例研究

記事一覧

池袋が前代未聞の「劇場・ホール」街に変身!

山本 恵久=日経 xTECH/日経アーキテクチュア【2018.4.16】

「日経 xTECH(クロステック)」2018年3月1日付の記事より

現在発売中の日経BPムック「東京大改造マップ2018-20XX」で取り上げた各拠点エリアのなかで、アートやカルチャーを軸とする特色ある都市ビジョンを掲げているのが池袋だ。現在進行中の大規模案件(延べ面積1万m2以上)から、近未来像を探ってみる。

エリアの性格:国際アート・カルチャー都市を目指す

 池袋駅周辺を国が特定都市再生緊急整備地域および国家戦略特区に指定したのは2015年で、都内の主要拠点のなかでは後発の動きとなる。同年3月には豊島区役所と分譲集合住宅を複合した「としまエコミューゼタウン」が南池袋に完成し、注目を集めた。

 そのなかで豊島区は、文化創造都市づくりを目標に掲げ、15年には「豊島区国際アート・カルチャー都市構想」を策定した。16年には「まち全体が舞台の誰もが主役になれる劇場都市」を目指すという趣旨の「実現戦略」をまとめ、そこに区内の主要な大規模開発を位置付けている。

池袋エリアの大規模開発マップ。「東京大改造マップ2018-20XX」より。オレンジの一点鎖線で囲まれた部分が特定都市再生緊急整備地域(資料:日経アーキテクチュア、ユニオンマップ)
[画像のクリックで拡大表示]

2020年に向けて:劇場、ホール、映画館が続々

 JR池袋駅の北東に位置する中池袋公園に面した場所で、旧庁舎・旧公会堂跡地の活用事業として豊島プロジェクトが進む。国際アート・カルチャー都市構想の中核を担い、2020年春にグランドオープンする。一体で開発され、先行して19年に完成する新区民センターを合わせると3棟で8つの劇場・ホールを持つ場所になる。17年3月には、区の都市政策顧問を務める建築家の隈研吾氏を委員長とする審査で公募案5000件のなかから選び、「Hareza(ハレザ)池袋」というエリア名称を決定した。

 19年にはさらに、Hareza池袋の南東側、サンシャイン通りに面するブロックに都心最大級のシネコンが誕生する。低層部に、通り側に開いた半屋外の商業空間を設けているのが特徴だ。

2019年完成予定の新区民センター(右側の棟)と20年完成予定の豊島プロジェクト(左側の2棟)。豊島区の旧庁舎および旧公会堂の跡地で一体の工事が進む(出所:豊島区)
[画像のクリックで拡大表示]

池袋駅前から東に延びるサンシャイン通り沿いで、2019年に完成予定の東池袋1丁目シネマコンプレックス計画(出所:竹中工務店)
[画像のクリックで拡大表示]

2019年完成予定の池袋西口公園(リニューアル)。「東京大改造マップ2018-20XX」より。直径約40mの円形劇場を設ける。全体の建築面積は2363.1m2(資料:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 都内の住居系の地域では重点課題となる防災対策の面でも大きな動きがある。東京メトロ副都心線東池袋駅の周辺では、木造住宅密集地域(木密地域)を不燃化するプロジェクトとして、東池袋4丁目2番街区地区再開発と東池袋5丁目地区再開発が進み、後者は19年に完成する。また、これらと近接する造幣局地区まちづくりでは区域の過半を占める防災公園の整備が先行し、19年度に完了する。

企画・運営
  • 日経BP総研
お知らせ
健康ソリューション

<注目!>医療、福祉、スポーツ、ウォーキング、食育……「健康」と地域活性化を結び付けた取り組みが活発化しています。

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

ページトップへ