兵庫県川西市は、「キセラ川西」と名付けた市の中央北地区の土地を、民間活力の導入により医療、文化、福祉などの中心にする計画を進めている。区画整理に続き、昨年秋、ホールや公民館などからなるPFIによる複合施設をオープンさせている。この3月には市立川西病院の新築・移転に伴う基本事業計画を策定。民間病院との統合や指定管理者制度の導入によって行う方針だ。公民連携の手法を駆使してまちづくりを進める川西市の事例を紹介する。

 今年3月29日、兵庫県川西市は「(仮称)川西市立総合医療センター、キセラ川西センター整備基本計画書」を策定した。市の北部にある市立川西病院(235床)を、市の中央北地区の「キセラ川西」と名付けた開発エリアの近くにある医療法人協和会の協立病院(313床)と統合し、新病院「キセラ川西センター」を建設しようというものだ。新築移転・整備する場所はキセラ川西のエリア内となる。開院は2022年秋が目標だ。

協立病院(写真左)と市立川西病院(写真右)を統合し、キセラ川西に新病院を建設する(写真:井上俊明、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]
キセラ川西エリアと病院建設予定地(図中の「医療施設予定地」)。また、図中の「文化会館等複合施設」は、後述の「キセラ川西プラザ」のこと(資料:川西市)
[画像のクリックで拡大表示]

 病床数は400床と現在の病床数合計より150床ほど少なくなるが、救急搬送されたり手術をしたりした後の重症患者用ベッドを新たに設け、原則として病室を個室化するなど、機能やアメニティの面で充実を図る。

 病院が新設されるキセラ川西は、阪急宝塚線の川西能勢口駅から歩いて10分ほどの場所にある皮革工場の跡地。川西市役所にも近く、南北に長い川西市の玄関口といっていい場所で、約22万3000m2ある。5年前に奥村組を代表企業とするグループが、PFI方式で土地区画整理事業を実施。道路や公園の造成など、まちづくりが進められている(川西市中央北地区PFI事業*1)。

*1 川西市中央北地区PFI事業の概要
受託企業 キセラ川西PFI (SPC:特別目的会社)
優先交渉権者
(〇印はSPCの構成企業)
〇奥村組(代表企業)、〇玉野総合コンサルタント、〇太平ビルサービス、京阪電鉄不動産、東レ建設、〇三菱UFJリース
事業費 23億2154万円
事業方式 PFI(BTO方式)
事業概要 都市施設整備業務(道路・公園の設計・施工・維持管理)、まちづくりコーディネート業務(市民参加、低炭素、エリアマネジメント)、付帯業務(住宅の誘致:市関連用地の売却・住宅誘致)
事業スケジュール 2013年9月~2023年3月