新型コロナの感染拡大が始まった2020年1月。建設表明から28年の歳月をかけた京都府立スタジアム(サンガスタジアム by KYOCERA)がオープンした。緊急事態宣言や無観客試合や入場数の制限、イベントの中止など、想定外の事態に直面した1年だったが、この春から、eスポーツゾーンやコワーキングスペース、保育施設の開設など新たな動きが始まっている。公民連携で“稼げるスタジアム”を目指すスタジアムの現在地とは。

「サンガスタジアム by KYOCERA」(府立京都スタジアム)の内観(提供:ビバ&サンガ)
[画像のクリックで拡大表示]
スタジアム外観(写真:市川史樹)
[画像のクリックで拡大表示]

 2020年1月、京都府亀岡市に球技専用スタジアム「サンガスタジアム by KYOCERA」(府立京都スタジアム、以下サンガスタジアム)が竣工した。スタジアムはJリーグ2部(J2)京都サンガF.C.のホームスタジアムとして使用される。京都駅からJR山陰本線(嵯峨野線)で約20分の亀岡駅北側徒歩3分に位置する“まちなかスタジアム”だ。収容人員は2万1600人。地上4階建てで観客席の最前列より2m張り出した屋根で全席を覆い、サッカーやラグビー国際試合開催に対応。客席からピッチまでの距離は最短7.5mと迫力たっぷりの観戦を楽しめる。総事業費は約154億円。

 スタジアムは京都府が建設し、スポーツ施設などを経営するビバ(京都市)と、京都サンガF.C.の運営会社である京都パープルサンガの2社が設立したSPC(特定目的会社)合同会社ビバ&サンガが指定管理者として運営する。

 また、京都府内に本社・支店を置く企業を対象に「年間1億円以上、供用開始から10年間以上」の条件でネーミングライツパートナー(命名権者)を募集。京セラが年1億円×20年の総額20億円で取得した。

サンガスタジアムの立地。JR亀岡駅から徒歩3分。京都駅から快速20分、イベント開催日には阪急桂駅からバスを運行する(京都府資料を日経BP総研が一部修正)
[画像のクリックで拡大表示]