「メガソーラービジネス」2020年3月24日付の記事より

県外企業の草刈り場!?

 「日照の良い熊本県には大規模な太陽光発電所が急増しているが、地域の資本によるものはほとんどない。このままでは県外企業の草刈り場になってしまう」――。熊本いいくに県民発電所(熊本市)の石原靖也社長は、国内最大級の屋根上太陽光が建設された背景に、こうした危機意識があったと打ち明ける。

 同県南関町にある廃棄物最終処分場「エコアくまもと」の屋根上には、出力約2MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)が稼働している。2015年12月に運転を開始し、固定価格買取制度(FIT)で売電している。約3万3000m2という巨大な屋根に、約8000枚の太陽光パネルを東西に分けて設置している。

 発電事業者である熊本いいくに県民発電所が、処分場の事業主体である熊本県環境整備事業団から屋根上を賃借りして太陽光パネルを設置した。

 設置スペースに限りのある屋根上太陽光は、大規模なプロジェクトでも出力1MWを超えるのがやっとで、2MWに達する発電所は、全国でも数例しかないと見られる(図1)。

図1●「熊本いいくに県民発電所」の全景
(出所:熊本いいくに県民発電所)
[画像のクリックで拡大表示]