東京都墨田区は、区内で創業するスタートアップ、および区内へ移転・移住するスタートアップを支援する「サブス区」プロジェクトを実施している。起業家を支援する行政サービスなどを紹介する特設ウェブサイトを2020年9月に開設。2021年4月15日時点で15件の問い合わせを受け、うち数件については支援を行った。2021年3月24日からは、区役所内に専用窓口「人情サブス区係」を設けるなどの新たな施策を推進している。

 「サブス区」は、定額サービスを意味する「サブスクリプション」をもとにした造語。スタートアップが墨田区で起業する際に無償で利用できる行政サービスのほか、区内の起業支援施設(有償の場合あり)や墨田区に住むと日常的に体験できる情景をサブスクリプションサービスに見立てて、スタートアップに発信する。

「サブス区」特設サイト(出所:墨田区)
「サブス区」特設サイト(出所:墨田区)

 2020年9月29日に開設した特設ウェブサイトでは、伝統と革新の融合をテーマに型破りのデザインを採用した。墨田区ではさまざまな起業支援サービスを用意してきたが、本施策では若い世代のスタートアップに、区の存在とサービス内容について知ってもらうのが狙いだ。

 ホームページの最上部に「サブス区」とともに、「人情サブスクリプション(NINJO SUBSCRIPTION)」の文字をあしらった「提灯」を大きく配置。その周囲に墨田区が提供する行政サービスなどを示す家紋風のアイコンなどを並べる。派手な色遣いもあって自治体のホームページには見えない。

「サブス区」がきっかけで実証実験のサポートも

 墨田区 産業観光部 経営支援課の岩本健一郎課長*1は「墨田区は、江戸時代から、ものづくりが盛んで、人のつながりを深める文化がある。そうした“すみだらしさ”を若い世代の起業家がイメージできるようにしている」とコンセプトを語る。

 特設サイトでは、スタートアップを支援する主要な行政サービスや支援拠点については新たにロゴを制作したり、はやりの言葉をもじった名前を付けたりしている。「年齢が若くこれから創業する人にリーチしやすいデザインや言葉を全体に採用している」(同課 主査の吉田英宣氏)。

 特設サイトの反響は大きい。NHKのテレビ番組で紹介されるなどで、2021年4月15日時点で区内外のスタートアップから15件の問い合わせが寄せられ、このうち数件については実際に支援も行っている。

 例えば、予防医療分野の起業を検討しているスタートアップに対して、区の職員が起業家と地域の薬局経営層とのマッチングを行った。また、スマホアプリを用いたチームビルディングツールを開発する会社セラピアについては、アプリの実証実験を墨田区の職員がサポートした。

*1 取材時点の役職。現在は、墨田区 地域力支援部 文化芸術振興課 課長
墨田区の岩本健一郎氏(左)、吉田英宣氏(右)(撮影:2点とも柳生貴也)
墨田区の岩本健一郎氏(左)、吉田英宣氏(右)(撮影:2点とも柳生貴也)