図書館とイベント広場を核に年間約200万人を集客、都城市「Mallmall」

市は公募プロポーザル方式で選定した事業者(コンソーシアム)との間で基本契約を交わし、その後、基本契約に基づき、図書館備品調達等業務委託契約の締結、指定管理者の指定、カフェ運営業務に関する行政財産の目的外使用許可を行う。なお指定管理業務の対象施設には、Mallmallの図書館本館だけでなく同じ市内の高城図書館も含まれている(資料:「都城市立図書館整備・管理運営等事業事業者募集要項」)