滋賀県東近江市の本町商店街にある海鮮居酒屋「魚や 楓江庵(ふうこあん)」。海なし県には珍しい鮮度の良い魚料理で人気を博している。提供されている魚介類は、三重県南伊勢町でとれたサバや鯛、貝類や伊勢海老など。東近江市と南伊勢町の行政と民間が、広域で連携して実現した取り組みだ。南伊勢町は地元食材の安定的な売り先が増え、さらに魚介の下処理も行うことで新たな雇用を生む。東近江市としてみれば、中心街のシャッター商店街に新たに繁盛店を誘致できた。双方が同時に活性化した理由はどこにあったのかを探った。

 滋賀県東部にある東近江市。その中心部にあるJR八日市駅からすぐのところに本町商店街がある。御代参街道と八風街道が交差する交通の要所で、かつては市場町として栄えた。近江商人が行き交う姿が目に浮かぶ。だが、いまや人通りは少なく、シャッターを締めた店が多い。大津、彦根に次ぐ県下有数の歓楽街であった面影は消えつつある。

人影まばらな本町商店街。この奥に繁盛店が突如として登場した(写真:寺尾 豊)
[画像のクリックで拡大表示]
月間3000人が来店する海鮮居酒屋「魚や 楓江庵(ふうこあん)」。古民家を数千万かけて改造した(写真:寺尾 豊)
[画像のクリックで拡大表示]

 2018年11月、商店街の奥に海鮮居酒屋「魚や 楓江庵」が開業した。海なし県には珍しい鮮度の高い魚料理で人気を博し、1カ月当たり3000人前後の来店があるという。ランチタイムは早い時間から満席になり、夜も予約をしなければ入れないことが多い。店内にはジャズがBGMで流れ、民家を改造した和風の佇まいと相まって、おしゃれな空間になっている。品の良い50代のマダムと、役員風の男性客が客層の中心だ。静かな商店街のそこだけがこうこうと明るく、賑やかな声が漏れている。

 メニューの大半を占める魚料理は、三重県南伊勢町から運ばれてきたもの。このうち8割は南伊勢町で下処理をされたものだ。サバの冷たい薫製もその一つ。もちろん伊勢海老もメニューにあり、鮮度が高くぷりぷりとした身を味わえる。自分がいま海のない滋賀県にいることを忘れてしまうほどだ。南伊勢町から八日市までは車で2時間と少し。新鮮な海の幸を提供するのに決して離れすぎてはいないのである。では一体、なぜ南伊勢町の食材を、わざわざ滋賀県で提供することになったのだろうか。