泉大津市と南海電気鉄道は、南海本線・泉大津駅近くの高架下に、広場やコンテナ型のユニット建築物などから成るにぎわい施設を整備した。市が掲げる「アビリティタウン構想」に資する施設を目指している。

 泉大津市と南海電気鉄道(大阪市中央区)は2020年3月20日、市内の南海本線高架下に約1100m2の広場「MONTO PARK(モントパーク)」を開設した。また、広場に隣接して整備された約250m2の施設エリア「OZU ROOF(オズルーフ)」は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で開業を延期していたが、6月5日にプレオープンした。OZU ROOFには増減築や移動が容易なコンテナ型の建築物「Archipelago(アーキペラゴ)」を5棟設置した。こちらは南海電鉄の事業エリアだ。

[画像のクリックで拡大表示]
多目的広場のMONTO PARK。名称は「門」と「公園」を組み合わせたもの。「門」には、泉大津駅側から松ノ浜駅側へ伸びる高架下空間の「入口」などの意味が込められている(写真上:赤坂 麻実、下:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]

 泉大津市は、健康増進の選択肢を幅広く取りそろえることを目指すまちづくり「アビリティタウン構想」を推進しており、高架下をその拠点にしたい考えだ。例えば、「アビリティタウン構想の主要事業の一つである「あしゆびプロジェクト」に関連して、子供たちがはだしで遊べる人工芝エリアを設けるなどしている。今後、市民が無料で足型を計測できる設備の導入も予定している。

[画像のクリックで拡大表示]
左写真は泉大津市が「あしゆびプロジェクト」の一環で、市内の幼稚園児らに提供している足袋型シューズ「NINTABI」。毛布の縁を使って作る「モフ草履」などと合わせ、市では足指が鍛えられる履物を推奨している。上写真は泉大津市都市政策部の山野真範部次長(写真左:日経BP、写真上:赤坂 麻実)
[画像のクリックで拡大表示]

 南海電鉄はこのような市側の意向に賛同し、広場と施設エリアの企画・設計・施工を行った。泉大津市都市政策部都市づくり政策課部次長兼課長(成長戦略担当)の山野真範氏は「民間事業者(である南海電鉄)は市民のニーズをよく把握している。ニーズに合致し、よく利用される場所にするため、企画から設計、整備工事まで、南海電鉄に委託した」と説明する。

 運営は、広場を市が、施設エリアを南海電鉄が担当する。土地はいずれも南海電鉄が所有しており、広場部分は同社が泉大津市へ無償貸与した。無償貸与は、2017年に完了した連続立体交差事業に伴う協定に基づくものだ。MONTO PARKの整備費は約2660万円で、市が全額負担している。