今年でまちびらき50周年を迎える、福岡県宗像市の日の里ニュータウン。その一角で今、住戸の再編によるまちづくりが進んでいる。2021年5月4日には、地域の交流拠点となる「ひのさと48」が先行オープンした。築50年のアパート1棟をまるごと保存し活用したものだ。地域住民と産官学の連携による、団地再生プロジェクトの一環である。

 日の里ニュータウンで進む団地再生事業の舞台は、かつて10棟のアパートが建ち並んでいた約1.8haだ。うち、一番道路に近い既存のアパート1棟が保存され、地域の交流拠点「ひのさと48」に生まれ変わった。同施設のコンセプトは、“地域の会話量を増やす場所”。地産地消を掲げるコミュニティカフェ、クラフトビールの醸造所、DIY工房とシェアキッチンを備えている。ほか、認可保育所と子どもの発達支援施設が入居した。今後もテナントを増やしていく予定だ。

かつて団地の48号棟だった「ひのさと48」。入り口をベランダ側に変え、カフェやビール醸造所をつくった(写真:萩原詩子)
かつて団地の48号棟だった「ひのさと48」。入り口をベランダ側に変え、カフェやビール醸造所をつくった(写真:萩原詩子)
[画像のクリックで拡大表示]
「ひのさと48」外観(写真:萩原詩子)
「ひのさと48」外観(写真:萩原詩子)
[画像のクリックで拡大表示]

 一帯は独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)が進める団地の移転集約によって生まれた余剰地で、2020年1月に住友林業を代表とする住宅メーカー大手各社が参画した「福岡県宗像市日の里団地共同企業体(※)」が譲受人に決定した。現在造成が進んでおり、戸建て住宅地として分譲が予定されている。

福岡県宗像市日の里団地共同企業体に譲渡された余剰地の位置。ここの一角に「ひのさと48」がある(宗像市と都市再生機構九州支社の資料を一部加工)
福岡県宗像市日の里団地共同企業体に譲渡された余剰地の位置。ここの一角に「ひのさと48」がある(宗像市と都市再生機構九州支社の資料を一部加工)
[画像のクリックで拡大表示]

 既存住棟の一部を残して交流拠点として活用することになったのは、宗像市と地域住民の要望を受けてのことだ(詳しくは後述)。「ひのさと48」の敷地と建物は、共同企業体に参加する西部ガス(福岡市)と東邦レオ(大阪市)が設立した特定目的会社「日の里コミュニティ特定目的会社」が所有し、両社が運営を手掛けている。

 これを受け、宗像市は20年3月、共同企業体、UR都市機構、一般財団法人住宅生産振興財団と「日の里地区まちづくりに関する連携協定」を締結。コミュニティ拠点と宅地造成を組み合わせた「ハイブリッド型団地再生“宗像・日の里モデル”」の構築を目指していく。

※ 構成企業:住友林業、セキスイハイム九州、ミサワホーム九州、大和ハウス工業、パナソニックホームズ、積水ハウス、トヨタホーム九州、東宝ホーム、西部ガス、東邦レオ