今年でまちびらき50周年を迎える、福岡県宗像市の日の里ニュータウン。その一角で今、住戸の再編によるまちづくりが進んでいる。2021年5月4日には、地域の交流拠点となる「ひのさと48」が先行オープンした。築50年のアパート1棟をまるごと保存し活用したものだ。地域住民と産官学の連携による、団地再生プロジェクトの一環である。

 日の里ニュータウンで進む団地再生事業の舞台は、かつて10棟のアパートが建ち並んでいた約1.8haだ。うち、一番道路に近い既存のアパート1棟が保存され、地域の交流拠点「ひのさと48」に生まれ変わった。同施設のコンセプトは、“地域の会話量を増やす場所”。地産地消を掲げるコミュニティカフェ、クラフトビールの醸造所、DIY工房とシェアキッチンを備えている。ほか、認可保育所と子どもの発達支援施設が入居した。今後もテナントを増やしていく予定だ。

かつて団地の48号棟だった「ひのさと48」。入り口をベランダ側に変え、カフェやビール醸造所をつくった(写真:萩原詩子)
かつて団地の48号棟だった「ひのさと48」。入り口をベランダ側に変え、カフェやビール醸造所をつくった(写真:萩原詩子)
[画像のクリックで拡大表示]
「ひのさと48」外観(写真:萩原詩子)
「ひのさと48」外観(写真:萩原詩子)
[画像のクリックで拡大表示]

 一帯は独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)が進める団地の移転集約によって生まれた余剰地で、2020年1月に住友林業を代表とする住宅メーカー大手各社が参画した「福岡県宗像市日の里団地共同企業体(※)」が譲受人に決定した。現在造成が進んでおり、戸建て住宅地として分譲が予定されている。

福岡県宗像市日の里団地共同企業体に譲渡された余剰地の位置。ここの一角に「ひのさと48」がある(宗像市と都市再生機構九州支社の資料を一部加工)
福岡県宗像市日の里団地共同企業体に譲渡された余剰地の位置。ここの一角に「ひのさと48」がある(宗像市と都市再生機構九州支社の資料を一部加工)
[画像のクリックで拡大表示]

 既存住棟の一部を残して交流拠点として活用することになったのは、宗像市と地域住民の要望を受けてのことだ(詳しくは後述)。「ひのさと48」の敷地と建物は、共同企業体に参加する西部ガス(福岡市)と東邦レオ(大阪市)が設立した特定目的会社「日の里コミュニティ特定目的会社」が所有し、両社が運営を手掛けている。

 これを受け、宗像市は20年3月、共同企業体、UR都市機構、一般財団法人住宅生産振興財団と「日の里地区まちづくりに関する連携協定」を締結。コミュニティ拠点と宅地造成を組み合わせた「ハイブリッド型団地再生“宗像・日の里モデル”」の構築を目指していく。

※ 構成企業:住友林業、セキスイハイム九州、ミサワホーム九州、大和ハウス工業、パナソニックホームズ、積水ハウス、トヨタホーム九州、東宝ホーム、西部ガス、東邦レオ
          

宗像市の人口の12%が暮らすニュータウン、市は2013年度に再生に着手

宗像市都市再生部都市再生課の内田忠治課長(右)と濵村隆・街なか再生係長(写真:萩原詩子)
宗像市都市再生部都市再生課の内田忠治課長(右)と濵村隆・街なか再生係長(写真:萩原詩子)
[画像のクリックで拡大表示]

 宗像市にとって、全人口の約12%に相当する1万1745人(2021年5月末時点)が暮らす日の里地区は、都市機能の集約を目指す重点地域だ。1971年に日本住宅公団(現在のUR都市機構)が九州最大級のニュータウンとして開発、計画人口に2万人を掲げた。しかし、同時期に同世代が入居したため、全国のいわゆる“オールド・ニュータウン”の例にもれず、高齢化が進んでいる。

 宗像市都市再生部都市再生課の内田忠治課長は「計画的に配置された道路や公園のおかげで、日の里地区には良好な住環境が形成されている。この貴重な既存インフラを今後いかに活かしていくかは、市としても重要な課題だ」と語る。市は2013年度から、都市再生に向けた取り組みに着手した。

 最初に実現したのは、日の里地区の入り口にあたるJR東郷駅前の再整備だ。15年に駅前広場をリニューアルし、7年もの間閉鎖されたままだった駅前店舗活用の検討を始めた。「当時の駅前は人気がなく、単なる通過点になってしまっていた」と、内田課長は振り返る。

 日の里地区の各町内会で構成する協議会も、地域の将来に危機感を持ち、14年に「まちづくり計画特別委員会」を立ち上げた。宗像市と連携し、駅前の活性化を目指す。ワークショップを開催して住民の意見をまとめ、空き店舗を“地域の賑わいを生み出す場”として使わせてほしいと、市に要望した。

 市は空き店舗をJR九州から賃借し、16年8月にまちづくり拠点「CoCokaraひのさと(以下、ココカラ)」をオープンした。開館から5年間は市が補助金で支援してきたが、20年度に協議会がNPO法人まちづくり宗像を設立し、21年度からは自主運営を行っている。

JR東郷駅前にあるCoCokaraひのさと(ココカラ)の外観(写真:萩原詩子)
JR東郷駅前にあるCoCokaraひのさと(ココカラ)の外観(写真:萩原詩子)
[画像のクリックで拡大表示]
ココカラ館長の木村秀子氏(左)とまちづくり宗像事務局長の宮﨑陽子氏(写真:萩原詩子)
ココカラ館長の木村秀子氏(左)とまちづくり宗像事務局長の宮﨑陽子氏(写真:萩原詩子)
[画像のクリックで拡大表示]
ココカラには会議スペースや自習室があり、マルシェ「ココカラ市場」や、ヨガ、絵手紙、川柳などのイベントやサークル活動の舞台になっている(写真:萩原詩子)
ココカラには会議スペースや自習室があり、マルシェ「ココカラ市場」や、ヨガ、絵手紙、川柳などのイベントやサークル活動の舞台になっている(写真:萩原詩子)
[画像のクリックで拡大表示]

 「ココカラ」館長には、前述の「まちづくり計画特別委員会」で委員長を務めた木村秀子氏が就任した。「ココカラでは、住民企画の展示や講座、交流会を手伝っている。最初の1年だけで、のべ2万5000人が来館してくれた。コロナ禍前は夜9時まで開放しており、ガラスの壁から漏れる灯りで、駅前がすっかり明るくなった。中でも、特に喜ばれたのは自習室。駅からの通りすがりに子どもたちが勉強する姿が見え、大人も励まされたと反響を得た」(木村氏)

 「ココカラ」が主に子どもたちのための場とすれば、大人が集まる場として17年3月にオープンしたのが住宅地の空き店舗を活用した「日の里THIRD BASE(以下、サードベース)」だ。こちらは、日の里出身で、住宅街のエリアマネジメントを専門とする大分大学理工学部創生工学科・建築学コース・柴田建准教授が、まちづくり研究の一環として開設した。当初は用途を決めず、月に1度DIYワークショップを開き、話し合いながら少しずつ改修していった。ギター教室やボードゲームなどに使われたほか、2階には起業支援団体が入居した。

 17年9月、「ココカラ」と「サードベース」は、宗像市からの委託で「郊外暮らしの再生塾」(以下、再生塾)をスタートする。空き家再生やエリアリノベーションに取り組む先駆者を全国から招聘し、参加者とディスカッションを重ねる、約半年間・全7回のシリーズワークショップだ。ここで繰り広げられた議論と交流が、「ひのさと48」の実現につながった。

地域住民が市とURに団地改修のコミュニティ拠点を提案

 18年3月の「再生塾」最終回では、地域住民を集めて公開発表会を開催。塾生が日の里ニュータウンの再生案をプレゼンした。その一つが、団地1棟を保存してコミュニティ拠点にするという、「ひのさと48」の元になったアイデアだ。さらにこれを、18年6月に日の里東小学校体育館で行った「日の里まちづくりワークショップ」で提案、地域住民の総意として報告書にまとめ、宗像市とUR都市機構に提出した。UR都市機構はこの案を受け、土地譲渡にあたって建物を一部残すことにした。

千葉県市川市「ハイタウン塩浜」のコミュニティカフェ(写真提供:東邦レオ)
千葉県市川市「ハイタウン塩浜」のコミュニティカフェ(写真提供:東邦レオ)
[画像のクリックで拡大表示]

 「ひのさと48」運営に携わる東邦レオは、都市緑化や公園整備を手掛ける企業だ。東日本大震災を契機に団地やマンションの植栽管理を通じたコミュニティ形成事業に取り組んでいる。「ひのさと48」を担当する吉田啓助ディレクターは、その対象の1つである千葉県市川市の「ハイタウン塩浜」に自ら入居したことで、団地再生についてより深く考えるようになったという。同社は18年1月には日の里に先立ち、塩浜でコミュニティカフェを開業している。吉田氏は、別の住宅地の視察で日の里ニュータウンの再生に携わる柴田准教授に出会ったことがきっかけで、東京支社勤務にもかかわらず、「再生塾」7回すべてに参加したという。宗像市での仕事が決まる4年前のことだ。結果として、市の事業(再成塾)が、同社の「ひのさと48」参画の大きな契機となったといえるだろう。

「日の里まちづくりワークショップ」の提案(資料提供:東邦レオ)
「日の里まちづくりワークショップ」の提案(資料提供:東邦レオ)
[画像のクリックで拡大表示]

 西部ガスが「ひのさと48」の運営に加わったのは、東邦レオ・吉田氏の声掛けによる。西部ガス営業本部都市リビング開発部暮らし・まちづくり推進グループの今長谷大助マネジャーは、前述の千葉・塩浜のコミュニティカフェにも視察に行ったという。「インフラ企業として地域に選ばれるには、インフラの導入過程だけでなく、その後も地域に喜ばれる仕事を続けるべきではないか、という問題意識があった」と今長谷氏は振り返る。西部ガスとしても、コミュニティ施設の運営は初めての試みという。

地元名産の大麦を使い団地内でビールを醸造、地域の会話の種に

「ひのさと48」での打ち合わせ風景。左から、東邦レオ・吉田氏、大分大学・柴田准教授、西部ガス・今長谷氏(写真:萩原詩子)
「ひのさと48」での打ち合わせ風景。左から、東邦レオ・吉田氏、大分大学・柴田准教授、西部ガス・今長谷氏(写真:萩原詩子)
[画像のクリックで拡大表示]

 西部ガスと東邦レオは20年1月に約1億円を投資して「ひのさと48」の土地建物を取得し、外構などを整備した。開業準備の1年間はコロナ禍と重なる。吉田氏と今長谷氏のチームは、中学校の総合学習にオンライン参加するなどして地域とのコミュニケーションを深めていった。「子どもたちにも、地域に何が欲しいか教えてもらった。子どもが関わるまちづくりこそ、サステイナブルといえるのではないか」(今長谷氏)

 事業の主な収入は賃料になるが、テナント誘致は急がなかった。「駅から遠い、古い団地の1室を借りてほしいと営業しても、採算が合わないと断られるだろう。それよりもまず、自分たちが地域の人と一緒にこの場を盛り上げて、面白いと思ってもらえる状況をつくることをプロジェクトの最初のミッションにした」(吉田氏)

 1階のビール醸造所「ひのさとブリュワリー」は東邦レオの直営だ。「市民にもあまり知られていないが、宗像はビール大麦の一大産地。クラフトビールの製造は地域おこしにもつながる」と吉田氏。ラベルには地域の人々の似顔絵が描かれている。前出の宗像市・内田課長や大分大学・柴田准教授、ココカラ・木村氏のラベルもある。これも「ひのさと48」のコンセプト“地域の会話量を増やす”きっかけづくりだ。

「ひのさと48」1階の「ひのさとブリュワリー」(左)と「さとのBEER」(右)。ビールのラベルはココカラバージョンで、木村氏の似顔絵が描かれている(左写真:萩原詩子、右写真提供:CoCokaraひのさと)
[画像のクリックで拡大表示]
「ひのさと48」1階の「ひのさとブリュワリー」(左)と「さとのBEER」(右)。ビールのラベルはココカラバージョンで、木村氏の似顔絵が描かれている(左写真:萩原詩子、右写真提供:CoCokaraひのさと)
[画像のクリックで拡大表示]
「ひのさと48」1階の「ひのさとブリュワリー」(左)と「さとのBEER」(右)。ビールのラベルはココカラバージョンで、木村氏の似顔絵が描かれている(左写真:萩原詩子、右写真提供:CoCokaraひのさと)

地産地消のコミュニティカフェ、中学生のアイデアで駄菓子売り場も

「みどり to ゆかり日の里」を運営するGrandjourの吉武麻子代表理事(写真:萩原詩子)
「みどり to ゆかり日の里」を運営するGrandjourの吉武麻子代表理事(写真:萩原詩子)
[画像のクリックで拡大表示]

 同じく1階に入居するコミュニティカフェ「みどり to ゆかり日の里」を運営するのは、前述の「サードベース」を拠点のひとつとして起業支援を行っていた一般社団法人Grandjour(グランジュール)の吉武麻子代表理事だ。サードベースは19年に、建物を大家に返還するためクローズした。「みどり to ゆかり 日の里」は、新たに地域に開いた支援拠点でもある。

 「みどり to ゆかり 日の里」のメニューは、材料も調味料も地元産。さらに、近隣の飲食店を紹介するため、各店の名物のコロッケや唐揚げなども採り入れている。「地元の人にこそ、地元の美味しいものを伝えたい。住人が自慢するまちになってほしい」と吉武氏。

 店の入り口近くには駄菓子のコーナーを設けた。これは、吉田氏と今長谷氏の総合学習で、中学生から出たアイデアだ。「駄菓子があれば小さな子どももカフェに来られるし、自分たちも遊んであげられる、と言ってくれたそうです」(吉武氏)。中学生向きのメニューとして、オレンジジュースも用意している。

 2021年5月の開業から1カ月足らずで、94歳の高齢女性や、重度障害を持つ18歳の女性が「日中の居場所が欲しい」と訪ねてきてくれたという。今後、コロナ禍が収束して、自由に酒類を提供できるようになれば、「ひのさとブリュワリー」のビールも出したいそうだ。前出の大分大学・柴田准教授は「男性が地域にかかわるきっかけとして、ビールはキラーコンテンツになってくれるはず」と期待を寄せる。

「みどり to ゆかり日の里」内部。小さな子どもにも使いやすいよう畳のコーナーを設けた(写真:萩原詩子)
「みどり to ゆかり日の里」内部。小さな子どもにも使いやすいよう畳のコーナーを設けた(写真:萩原詩子)
[画像のクリックで拡大表示]

将来は“里山型”の住宅地に。新旧の住人をつなぐコミュニティ拠点

 「ひのさと48」2階には、今夏にも企業の連携拠点「さとのひワンダーベース」をオープンする計画だ。東邦レオが運営主体となり西部ガスも参加する。

 「コワーキングではなく、Co-doingを掲げている」と吉田氏。今長谷氏は「今、多くの企業が地域課題解決に挑戦するフィールドを求めている。すでに興味を持ってくれる企業が現れ、手応えを感じている」と語る。ここでも、地域の子どもたちの意見を採り入れていく考えだ。6月には先行して中学生による「ひのさと48の外壁をクライミングウォールに」というアイデアの実現を目指し、クラウドファンディングを実施。200万円の目標額を大きく上回る275万2000円を集めた。

ひのさと48の外壁をクライミングウォールにするための資金をクラウドファンディングで集めた(クラウドファンディング企画ページより)
ひのさと48の外壁をクライミングウォールにするための資金をクラウドファンディングで集めた(クラウドファンディング企画ページより)

 「ひのさと48」の向かいで造成が進む宅地は、木立の中に64軒の家が点在する、“里山”のような住宅地になる予定だ。敷地の境界線を曖昧にし、豊かな緑や広場を共有する。「ひのさと48」は将来、この新しいコミュニティの集会所と管理拠点を兼ね、以前からの住人と、新しく入ってくる住人をつなぐ役割を担うことになる。

「ひのさと48」の前に開けた造成中の宅地(写真:萩原詩子)
「ひのさと48」の前に開けた造成中の宅地(写真:萩原詩子)
[画像のクリックで拡大表示]
街区の完成イメージ図(資料・宗像市)
街区の完成イメージ図(資料・宗像市)
[画像のクリックで拡大表示]

 5月4日に開催された「ひのさと48」オープニングセレモニーには伊豆美沙子宗像市長も登壇。「ここを中心に生まれる人と人とのつながりが地区の魅力を高め、この場所が新たな市のランドマークになっていくことを期待している」と語った。

この記事のURL https://project.nikkeibp.co.jp/atclppp/PPP/434167/071400185/