およそ600年前、室町時代に発見されたとされる名湯、長門湯本(ながとゆもと)温泉。山口県長門市の山間にありながら、日本海の海産物や地元の野菜など食材が豊富であり、観光地である萩にも近く、最盛期だった1983年には年39万人の宿泊客を受け入れた。温泉街の真ん中に清流、音信(おとずれ)川が流れ、周囲には大型旅館などが立ち並ぶ典型的な団体観光客向けの温泉地として栄えていた。

 2014年1月、この静かな温泉街に衝撃が走った。1865年に創業し約150年の歴史を持つ老舗大型旅館「白木屋グランドホテル」が山口地裁に破産を申請した。過去には将棋の名人戦が2回行われたこともある格式の高いホテルで、客室数は118、収容人員は600人という、地元の看板とも言える施設が、22億7000万円に上る負債を残して幕を引いた。かつて団体客がそぞろ歩いた温泉街は寂れ、この倒産により街の核ともいえる建物の灯が消えた。

 いま、この川には槌音が響いている。2020年3月の開業を目指し、総合リゾート運営会社、星野リゾートが、同社が展開する高級旅館ブランド「界 長門」の工事を急いでいる。現在、すべてのブランドで50以上の施設を運営している同社にとって、ここは特別な意味を持つ施設となる。というのも、地元長門市からのラブコールを受けて進出を決め、地元と協力をしながら温泉街の再生までにも挑戦する稀有なケースとなるからだ。

 この旅館建設は、温泉街再生における大きなマイルストーンとなる。これまでの経緯を見ていこう。

長門湯元温泉の風景。最盛期の1983年には年間39万人の宿泊客が訪れた(写真:今村浩一)
[画像のクリックで拡大表示]

150年の歴史を持つ地元の看板旅館が破産

 長門湯本温泉を訪れる客は、バブル崩壊をきっかけに低迷。2014年には宿泊客は、最盛期の半分にあたる年18万人と大幅に減少した。かつての団体旅行中心から個人旅行へと顧客ニーズが変わる中で、時代の変化に対応できなかったのが原因だ。