岡山県津山市は、市内の町家4棟を使って市が整備する宿泊施設について、コンセッション(公共施設等運営権)方式によるPFIで民間事業者に運営権を設定する。当初は指定管理者制度を想定していたが、運営方法を全面的に見直した結果だ。行政が施設の所有権を持ち続けながら、運営権のみを民間に設定するコンセッション方式は、空港や水道といった大規模インフラで適用されることが多い。コンセッション方式の適用例としては異色のこの事業について、市と事業者に話を聞いた。

津山市
岡山県北東部に位置し、北は中国山地、南は中部吉備高原に接する。人口10万890人(2019年7月1日現在)、面積506.33km2

 津山市が民間の管理運営事業者に運営権を設定するのは、町家4棟を改修して整備する宿泊施設だ。この町家4棟は市の東側にある城東町並み保存地区内にあり、旧苅田(かんだ)家付属町家群と呼ばれている。2019年1月に管理運営事業者として、HNA津山(本社・岡山県津山市)を選定しており、施設の改修完了時に同社に対して運営権を設定する。

 城東地区は国の重要伝統的建造物群保存地区に選ばれており、景観としては、連続した軒庇が特徴である。木造2階建ての町家4棟は江戸末期のもので、いずれも伝統的建造物(特定物件)に指定されている。床面積は合計で約520m2。市は苅田家から2013年に寄付されたこの町家群を、城東地区の観光の拠点施設へ改修することに決め、整備を進めてきた。

完成後の宿泊施設のイメージ(資料:津山市)
[画像のクリックで拡大表示]
空撮した現地の様子。ブルーシートの右隣から4軒が今回の整備対象(写真:津山市)
[画像のクリックで拡大表示]

 津山市都市建設部歴史まちづくり推進室の廣瀬幸子主任(一級建築士)は、拠点整備の狙いを次のように説明する。

 「城東地区は、需要を喚起すれば観光地として発展する可能性が十分にあるエリア。趣のある建物、洋学者を多く輩出したという歴史的背景など、観光資源が豊富だ。洋学にちなんだ料理を提供する飲食店なども増えてきた。また、近年では人気バンド『B’z』のメンバーである稲葉浩志さんの出身地としても注目されている。市としては、ここにエリア初の宿泊施設を設ければ、観光振興および地域活性化の起爆剤となりうると考えている」

 そこで、古民家再生事業を多数手がけてきた東洋文化研究家のアレックス・カー氏による監修の下、一棟貸しのホテルとして再生させる基本プランを策定。2017年度中に実施設計が完了した。この段階では、施設の管理・運営は指定管理者制度を用いることを想定していたという。

 しかし2018年2月に市長が交代し、前市長の下で進んでいた各事業の抜本的な見直しが図られた。その一環で、町家群の活用事業もいったん工事を停止。事業の主管部署であった都市建設部歴史まちづくり推進室から財政部財産活用課FM推進係に相談があり、事業スキームなどを検討し直した。