いち早く「九電によるオンライン制御」

 九州では太陽光発電所への出力制御(抑制)が日常化している。この中で、枕崎空港跡のメガソーラーでは、オリックスが関わる案件の中で、いち早く九州電力によるオンライン制御に対応したという。約1年半前に導入した。

 この費用対効果などの大きさから、オリックスは九州で運営しているメガソーラーに順次、九電によるオンライン制御への対応を進めていった。

 枕崎空港跡のメガソーラーを最初の案件に選んだのは、規模の大きさとともに、PCSの仕様と通信プロトコルが、九電の仕様と相性が良く、比較的安価で簡便に導入できるためだった。

 現在は、九電にオンライン制御への変更の要請が多く、現地での施工や対応に半年以上、待つ状況にあるという。待っている期間の売電ロスを回避できたことだけでも、いち早く導入しことの利点は大きそうだ。

 九電による出力制御指令は、発電事業者側が制御する場合は、8時~17時などの間、止めることを指示されるが、九電によるオンライン制御では、現状では11時~13時といった2~3時間で済んでおり、売電ロスに大きな差が生じる。

●発電所の概要
名称鹿児島県枕崎市枕崎空港第一発電所・第二発電所
所在地鹿児島県枕崎市あけぼの町275ほか
敷地面積約12.9万m2
土地所有者枕崎市
発電事業者Kクリーンエナジー
 (出資比率:オリックス70%、九電工30%)
EPC(設計・調達・施工)サービス九電工
O&M(運用・保守)九電工
連系出力合計6.98MW
 第一発電所:1.99MW、第二発電所:4.99MW
太陽光パネル出力合計約8.218MW
 第一発電所:約2.27MW、第二発電所:約5.94MW
初年度の年間発電量(計画)約918.59万MWh
 (一般家庭約2550世帯の消費電力に相当)
太陽光パネル韓国ハンファQセルズ社製
 (出力245W品、3万3544枚)
パワーコンディショナー(PCS)東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製
架台リヒテンシュタインのヒルティ社製
売電開始2014年9月
売電先九州電力グループ