東京・西新宿にある新宿中央公園内に、カフェやヨガスタジオなどで構成される交流施設「SHUKNOVA(シュクノバ)」が誕生した。運営管理者は新都市ライフホールディングス(東京都新宿区)。新宿区がPark-PFI(公募設置管理制度)を活用して同社を事業者に選定した。施設開業に合わせて、区は施設前面に芝生広場を整備した。

芝生広場から「SHUKNOVA(シュクノバ)」を見る(写真:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]
新宿中央公園の配置と「SHUKNOVA」(右下)の位置(資料提供:新宿区)
[画像のクリックで拡大表示]

 新都市ライフホールディングスは7月16日、新宿区立新宿中央公園の北東端において、交流施設「SHUKNOVA(シュクノバ)」を開業した。新宿区は2017年9月に新宿中央公園魅力向上推進プランを策定。同プランに基づき、2018年9月に新宿中央公園芝生広場における交流拠点施設整備事業の民間事業者を公募した。区では2019年3月に新都市ライフホールディングスを認定計画提出者として認定。同社は同年9月、公園施設設置許可を取得した。

 推進プランでは、「賑わい交流空間(水の広場)」「芝生広場」「眺望のもり」「ちびっこ広場」など7つのゾーンに区分し、それぞれの特色を活かした取り組みを進めていく。今回の整備は、このうち「芝生広場」に関するものだ(関連記事12)。

 SHUKNOVAは鉄骨造・2階建てで延べ面積は約1200m2。このうち約880m2が公募対象公園施設で、1階にレストラン「むさしの森Diner」、カフェ「スターバックス コーヒー」、1・2階にフィットネスクラブ「PARKERS TOKYO」が入った。建物の1階エントランスや1・2階に設けたテラスはオープンスペース(特定公園施設)となっている。年間利用者(建物に立ち寄る人の数)は40万人を見込む。

2階のテラス(MIHARASHI TERRACE)。イスやソファーセット、カウンターテーブル、スピーカーをしつらえてあり、誰でも自由に使うことができる(写真:赤坂 麻実)
[画像のクリックで拡大表示]
2階のテラス(MIHARASHI TERRACE)から見た芝生広場(写真:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]
1階レストラン(むさしの森Diner)前のテラス。同じく1階のスターバックスコーヒー前のテラスも含め、誰でも自由に使うことができる(写真:赤坂 麻実)
[画像のクリックで拡大表示]

 事業期間は約18年9カ月。施設整備費は特定公園施設も含めて、全額を新都市ライフホールディングスが負担した。金額は非公表。事業者から区へ支払われる特定公園施設の土地使用料は、月額約124万円(1m2当たりの月単価は2220円)。